フレームワークは機能しない | 業務提携契約・業務委託契約・秘密保持契約・ライセンス契約・契約交渉でお悩みの方へ
2019-02-06 07:25:08

フレームワークは機能しない

テーマ:ブログ
皆さんおはようございます!

2019年は数字に拘りたいと思っている、
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


昔、遠藤がサラリーマンだった時代に
NTTコミュニケーションにいたのですが
ま~やたら「新しい知識」をもっている
Aさんという人がいました。


とにかく色々な本を読んで勉強していて
新しい知識を仕入れるとすぐにそれを
会議の席で使おうとします。


「じゃ~ちょっとSWOT分析してみましょう!!」


「そこのポイントについて3Cで考えてみませんか?」


「ここはペイオフマトリクスで議論したいので一人ずつ
 意見を言っていきませんか?」




多くの場合そう言われても皆は、


「?????????」


でした(苦笑)



こんな状況になってしまった理由の
一つにはAさんが使い方もろくに
知らない新しいフレームワークを
無理やり適用しようとしたというのが
あります。


二つ目にはそもそも本当に議論したいポイント
が明確になっていなかったので混乱したというのも
ありました。



とにかくAさんが新しいフレームワークを
もってくる度に、会議が混乱して時間のムダに
終わる、ということの繰り返しでしたガーン




このように、

=====================
本当にやりたいことを絞り込んでもいないのに
使い慣れていないフレームワークを使おうと
しても時間のムダになることが多い!!

=====================

のは業務提携の契約交渉でも全く同じです。




業務提携の契約交渉においては

************************
フレームワーク=契約書
************************

です。




多くの経営者が犯してしまう失敗が、

******************************************
自分達がやりたいことや懸念事項が明確に
なっていないうちからすぐに「契約書」を
作り始めてしまうこと!

******************************************

です。





そして問題を更に大きくしてしまう困ったことが
2つあります。


上記の「契約書を作り始める。」を具体的に
言うと、

***********************************
①ネットなどから雛形をダウンロード
 したものをちょこっと修正して作る。


②法律の専門家にろくに実務内容を
 説明もせずに契約書作成を依頼する。

************************************

というやり方をしているということです。



このメルマガでも再三ご紹介してるとおり
①の雛形利用は余程契約書の修正作業に慣れていない
限り、無理です!!(キッパリ!)


そしてそんな物を手に入れてしまうと、
もう、自分達のやりたいことや懸念事項を
明確化することなど忘れてしまうのです。


そんな契約書が全く役に立たないのは
当然です。



そして次に②の手法も同じです。


どんなに法律に詳しい専門家でも顧客が
自分達のやりたいことや懸念事項が明確に
なっていなければ、本来であれば契約書の
作成などできないはずなのです。



ところがですよショック!

世の中には、

**********************
字面だけ整った契約書
**********************

を平気で顧客に提供して
お金を取って作ってしまう
法律の専門家の先生方がいます。



「うん!うちに依頼してもらえれば2日で
 仕上げますよ~!」なんてスピードを売りに
している事務所は結構その傾向があります。



顧客の現状をろくに聞きもせずに作った
契約書が役に立たないのは当たり前のことです。



よってあなたもすぐに契約書という
フレームワークをもってくるのではなく
まずはご自身のやりたいことや懸念事項を
明確にする、ということを忘れないで
ださいねニコニコ



面倒くさがってそれをせずに、


「手っ取り早く契約書を用意すればいいんでしょ!?」


なんてことを言っていたら経営者失格ですよ~(笑)





今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございましたm(__)m


遠藤祐二



=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com

業務提携契約専門の行政書士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス