セミナー中の参加者の発言に対して講師が必ず行うべきこととは? | 業務提携契約・業務委託契約・秘密保持契約・ライセンス契約・契約交渉でお悩みの方へ
2019-02-04 07:03:50

セミナー中の参加者の発言に対して講師が必ず行うべきこととは?

テーマ:ブログ
皆さんおはようございます!

2019年は数字に拘りたいと思っている、
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。



遠藤はたまにセミナーをするのですが
結構、参加者をバシバシ当てて意見を言ってもらいますニコニコ


っていうか参加者イジリかも?(笑)



そして参加者に意見を言ってもらったときに
ものすご~く気を付けていることが一つあります。


それではですね。











====================
意見の内容を繰り返し、更に膨らませる!
====================

ということです。


「はい、今のAさんのご意見は●●▲□という
 内容なのですよね~実をこれって最もトラブルや
 裁判になりやすい重要なポイントなんです!」

「例えば過去において・・(中略)・・本当に
 素晴らしい意見でした。 皆さん拍手お願いします!」



みたいな感じです。



これをするメリットは大きく分けて2つあります。




一つ目は、

「参加者が自分の意見を受け止めてもらえた。」

と感じること。





せっかく勇気を出して意見を言っても講師が
ノーリアクションのセミナーが結構あります(笑)

ノーリアクションとはいかないまでも、単に「ありがとうございます。」
だけでは、


「この人本当に自分のいう事わかってるのかな~」


とモヤモヤするってもんです。


だから参加者が意見を言った後にすかさずエレガントに
それに肉付けしながら繰り返すということはとても大事な
ことになんです^^





そして二つ目なんですが、

「わかりずらい意見でもわかりやすくなる」

ということですニコニコ



参加者の中には、話が長かったり、あっちゃこっちゃ飛んだりと

「この人何言っちゃってんの?」

という方がいるものです^^;



そんなときには、


「それって●●▲□ということでよろしいですか?」


と一度確認をしてあげます。


そうすることで周りの参加者の理解も深まりますし、
発言した本人のとっちらかった頭の中も整理されるのです^^




このように、


====================
意見の内容を繰り返し、更に膨らませる!
====================

ことが重要なのは業務提携の契約交渉も全く
同じことです。


これをすることで誤解をなくし、また相手方との
信頼関係をどんどん深めていくことができるのです。



そしてそれをするための強力なツールが、
このブログでも再三ご紹介している、


========
ホワイトボード
========

ですニコニコ


これを使う事で半自動的に相手の意見の内容を
繰り返して、更に膨らませることが可能になります。


べつに上手に纏めようとしなくても大丈夫ですニコニコ


最初のうちは、単に発言者の意見を書くだけでも
全然違います。



最初はちょっと勇気がいるかもしれませんが
あなたのやりたいようにやってみてください。


実にたくさんの気づきとその効果に驚くと思いますよニコニコ



今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございましたm(__)m




遠藤祐二



=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com

業務提携契約専門の行政書士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス