F子さんのその一言で遠藤は・・・ | 業務提携契約・業務委託契約・秘密保持契約・ライセンス契約・契約交渉でお悩みの方へ
2018-11-09 07:34:16

F子さんのその一言で遠藤は・・・

テーマ:ブログ
皆さんおはようございます!

昨日はとても感動的なシーンに出くわしてウルウルした^^、業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。



遠藤がよく学生時代の友人たちとの
集まりで利用する四谷のイベント施設が
あります。



先日のことです。


折角予約した施設を都合により変更しなくては
ならなくなりました。

予約日から逆算してすでに30日を切って
いました。

まだ使用料は振り込んでいませんでしたが
キャンセル規定にしっかりと、

======================
お申込み30日前~15日前まで⇒使用料の50%
======================

とキャンセル料金が書いてありますガーン


「こりゃだめかなー」と思いながらもダメ元で
 運営会社に電話してみました。


遠藤:「すみません。10月20日にイベント施設を
    予約をしてある遠藤と申します。」

   「まだお金は振り込んでいないのですが
    事情により予約日を変更して11月に
    したいのですが。。。」

   「なので完全なキャンセルではなく予約日
    の変更なのです。」

   「この場合もやっぱり規定どおりキャンセル料
    50%を支払わなくてはダメでしょうか?」


すると担当の女性に代わりました。

仮にF子さんとします。


F子:「ええ、キャンセル規定上はそうなっていますし
    すでに参加費をお振込いただいている場合は
    規定どおりキャンセル料を除いた50%を
    返金させて頂いております。」
   
   「また、使用料のお振込がまだの場合でも
    使用料の50%に当たる金額の請求書を
    発行することになっています。」
 
   「でも、ここだけの話、私共も請求書を発行する
    のも手間ですし、遠藤様の場合、いつもご利用
    いただいているのでキャンセル料は結構ですよ。」




それを聞いて遠藤は思わず、


「F子さんて何て話のわかる人なんだろう!ニコニコ


とちょっと感動してしまいました。


そして今後も、「このイベント施設を使い続けよう!」
心から思いました。





さてここで、あなたにちょっと考えてみて
頂きたいことがあります。


それは、

======================
なぜ遠藤がこんなにも心を揺り動かされたか?
======================

という点です。







それはですね。









===================
キャンセル規定が書面化されていたから
===================

なのです。


「もう書面化されている。」ということで
「もうダメだなー」と半ば諦めていた訳で。


そのタイミングで「実はOKですよ!」と
言われたものだから、その反動で感動して
しまった訳なのです。


もし仮に、書面化されたキャンセル規定が
明確に提示されていなかったらこれほど
感激することはなかっと思います。


このように、

===================
まずはどんな小さな事でも杓子定規に
書面化しておく。

===================

と言うのは業務提携契約交渉では、
非常に重要なポイントになります。


よく、

「こんな小さな事まで契約書に書いて
しまったら相手方が怒り出すのでは?」


と妙に遠慮してしまって書かない人が非常に
多いですがそれは間違っています。


まずは、その内容が理不尽で非合理的なもので
ない限り書いておくのですよ。そしてその後に

===================
「契約書ではあーなっていますが、
 実際は結構ですよ^^」

===================

と適当に譲歩をしてあげるのです。


そうする事で相手に大きな「貸し」を
作ることになります。


これを最初から遠慮して契約書に規定
しておかないと、相手は[[name1]]さんが
譲歩してもそれを全く借りとは思わず
当然の権利と思ってしまいます。


よって、あなたも契約交渉に
臨むときは、

====================
宝石ブルーSTEP1:
⇒どんな小さな権利でも契約書案に
 規定しておく。

宝石ブルーSTEP2:
⇒時と場合によっては、「契約書にはあー
 書いてありますが、結構ですよ^^」と
 相手に貸しを作る。
====================

ということを是非やってみてくださいね。

小さなところで貸しを作っておけば後々の
大きなところでは今度は大きな利子を
伴って帰ってくるかもしれないですよニコニコ



下記のセミナーでは上記の他にも
「書面の威力」について契約交渉のノウハウと
併せて詳しくご説明します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
=============================
第51回業務提携徹底活用セミナー
12月4日(火)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
https://ameblo.jp/master-license/entry-12408483631.html

直接の参加お申込はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓
http://my.formman.com/form/pc/4dpemWSrVpLQ2QYS/
=============================

もしあなたが「書面って面倒くさいな~」と
思っている人なら、猶更聞いていただくと良いことが
あると思いますニコニコ



なお、明日11/10以降は正式料金が適用になり参加費が
値上がりします
ので、あなたがご興味があればこの
機会をお見逃しなくニコニコ



今日も最後までお読み頂き本当にありがとうございました。



遠藤祐二



=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com

業務提携契約専門の行政書士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス