この人は誰の方を向いているのか? | 業務提携契約・業務委託契約・秘密保持契約・ライセンス契約・契約交渉でお悩みの方へ
2018-10-29 07:11:54

この人は誰の方を向いているのか?

テーマ:ブログ
皆さんおはようございます!

最近あまりジムに行けてない、業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。

遠藤は週に一度ぐらいは、
お客様や友人、セミナーで知り合った人を
お誘いして食事するのですが、予約の電話を入れる際、
いつもこのことを思い出します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もうかれこれ、3年前ぐらいのことです。


遠藤の大事な友人と4人で夕食を取ることに
なり、行きつけのレストランを予約しました。


このレストランはしょっちゅう貸切イベントを
やっており、イベント開催日に運悪く当たると
他のお客はトイレの目の前の本当に端っこの
狭いカウンターの所に横並びで座るしかなくなります。


大事な友人をそんな目に合わせる訳にはいかないので、
念のため予約時に確認しました。



遠藤:「すみません、12/15に予約したいのですが
    この日は貸切イベントの予定はないですか?」


店員:「はい、大丈夫です。」




ところが予約して1週間ぐらいして何の気なしに
Facebookを見ると、このレストランの
イベント情報がアップされており、


「12/15、○○○○セミナー開催!!!!!」


と、どうやらそのレストラン内で大勢のお客様を呼んで
何やらセミナーを開催するらしいことがわかりました。


慌てて、そのレストランに電話しました。



遠藤:「すみません。12/15に予約した遠藤ですけど」

   「12/15にそちらでは何のイベントもないことを
    確認して4名で予約したんですが、今日Facebook
    を見たらその日に大勢呼んで店内でセミナー開催される
    みたいですけど大丈夫ですか?」


店長:「えっ?えーと(何やらガソゴソと確認して・・)」
 
   「そっ、そーですね。その日は貸切イベントなので参加されない
    一般のお客様は端の方の・・・・」


遠藤:「それってトイレの前の隅っこのところのカウンター席ですよね?
    自分は何度もそちらにお伺いして貸切イベントに参加してるんで
    知ってるんです!」

   「そんなこともあろうかと、予約時に確認したじゃないですか?」


店長:「もっ申し訳ございません。実は遠藤様がご予約された後に
    社長の方から12/15に私どもの店舗で貸切イベントを
    する話がございまして、私共も知らなかったんです。。。」


遠藤:「アホか????!!お前は!!!!!!」

   「社長は各店舗の予約状況など知っている訳ないから
    あんたが他のお客様の予約が先に入っていないかを
    真っ先に確認すべきだろーが?」

  「確認して予約が入っていたら社長に他の日にイベントを
    変えてもらうように話するのが店長なんじゃないのか??」

   「よしんば、その貸切イベント日を変更できなくても
    その日に先に予約が入っているお客様に対して連絡すべきじゃ
    ないのか???!!えっ?どうなんだ???!!!!!」


   「予約もした。なおかつ予約時にイベント開催有無の確認もした。」

   「それなのに、当日大事な友人を連れて行ったらトイレの前の
    隅っこのカウンター席に4人で横並びに座らされたらどんな
    気分になるか、少しはその足りない脳ミソで考えてみろ!!!!」



という趣旨のことを、
上記の10倍くらいやさしい口調で
ご進言申し上げました(笑)



このような対応を見ていると一瞬で相手が、


==============
いつも誰の方を見ているか?
==============


がわかります。


もしこの店長さんが「社長」の方ではなく
「お客様」の方を向いて仕事をしていたら
すぐにことの重大さに気づき、違った行動を
とったはずです。


「末端のスタッフならともかく、店長がこれでは
 本当に困ったもんだ^^;」


と遠藤は自分のことは思いっきり棚に上げて
思ったのでした。




このように自分と対応している相手が、


==============
いつも誰の方を見ているか?
==============


を最初の早い段階で見極めることは
業務提携の契約交渉ではとても重要な
ポイントになります。


時々、


「なんでそういう対応になるの???」


と愕然とする交渉相手に遭遇することが
多いのですが、このポイントを見極められれば、


「なるほど。。そういうことか。。。」


と妙に合点がいって安心しますしその後の
対応策も打ちやすくなります。



よってあなたも契約交渉に臨む際には相手が、


==============
いつも誰の方を見ているか?
==============


を見極めるための質問をしてみる事を
ぜひお勧めしますよニコニコ



下記のセミナーでは、
「業務提携相手を見極めるノウハウ」に
ついて後半のパートでご紹介します。
↓ ↓ ↓ ↓
=============================
第51回業務提携徹底活用セミナー
12月4日(火)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
https://ameblo.jp/master-license/entry-12408483631.html

直接の参加お申込はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓
http://my.formman.com/form/pc/4dpemWSrVpLQ2QYS/
=============================

多くの経営者が契約してしまってから、

「エー!こんなはずではなかったのに・・・」

ととんでもない相手に当たって愕然とする事が
多いのです。


こんなことを遠藤が言ってはいけないのかも
しれませんが、本当にとんでもない輩に当たって
しまったら、契約書なんて所詮無力なのです。


だから、契約する前に相手を見極める努力が
必要なのです。


そのためのノウハウをたくさんお話します。


もしあなたが過去に、

「エー!こんなはずではなかったのに・・・」

という体験をしたことが一度でもあったのなら
ぜひ遊びにきてくださいね。ニコニコ



今日も最後までお読み頂き本当にありがとうございました。



遠藤祐二



=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com

業務提携契約専門の行政書士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス