先に言っておいた方が良い?悪い? | 業務提携契約・業務委託契約・秘密保持契約・ライセンス契約・契約交渉でお悩みの方へ
2018-09-12 07:12:17

先に言っておいた方が良い?悪い?

テーマ:ブログ
皆さんおはようございます!

今朝の涼しさに秋を感じる^^、業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


遠藤は年に1回ほど、
業務提携大交流会というイベントをやっているのですが
その第1回目の開催をしたときのお話です。
↓ ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/master-license/entry-11952741167.html



開催会場については本当に色々と見て回って
様々なポイントを検討しました。


最終的に神田駅から徒歩1分のところにある会場に
決定したのですが、この会場は唯一致命的な欠陥が
ありました。






トイレが少ないのですガーン


女子用=大1、男子用=大1、小1しかありませんショック!


50人ぐらいの参加数を想定したので「これは
かなりヤバイな・・・」と思ったのですが、それでも
この会場はそのデメリットを補ってあまりあるメリットが
あるので、そのまま使用することにしました。



そして、

「とにかくトイレが少ないので事前に済ましてきてください!」

のメッセージを参加申込された方々に流し続けました。

・申込直後に送られる自動返信メール
・1週間前のリマインドメール
・開催日直前のリマインドメール
・開催日当日の司会の注意事項


お陰様で、参加者の方々も気持ちよく協力してくださり
トイレの前に長蛇の列ができるような混乱は起こりませんでしたニコニコ


このように、自分に都合の悪いことは

==============
先に言うと「説明」になり
後で言うと「言い訳」になる。

==============

のです。


これ、実は遠藤が今通っているキャッシュフローコーチ養成塾の
講師である和仁達也さんの名言です^^
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://www.wani-mc.com/cf/



事前に参加者の方々に説明をせず、トイレの前に長蛇の
列ができてから、

「いやー実は会場の都合でトイレが少なくてすみませんねー」

などと言うとこれは「言い訳」になってしまい
カッコ悪い事この上ないですショック!


------------------------------------------------------


一方、こんな事を言う人がいます。


「今度ぜひ遠藤さんのセミナーに初参加したいと
 思っているんだけど。。。」


あなたもそうだと思うのですがこのように
言われると、「おっ!それは嬉しいなー」とかなり期待します。


でも、「今度」という日がいつまでたっても来ない
人がいるのです。


「相手に期待を持たせるような事」は先に言っても
何のメリットもありません。一度上に持ち上げてから
ドスン!と落とすようなものです。


だから、自分が本当に実現できる事が確実になるまでは
その直前まで言わない、または「まだわかりません!」
という事を明確にしてあげた方が良いのです。


上記のとおり、

======================================================
◆自分に都合の悪いみっともない事
 ⇒先に言う。

×相手に期待を持たせる事(実現させる気もない社交辞令)
 ⇒先に言わない。
======================================================

の原則は業務提携でも全く同じです。


5年、10年、20年と長期に渡って業務提携関係
を継続できている経営者はとにかく、自分に都合の
悪いみっともない事ほど先に言う人が多いです。


それにより相手の信頼を得られているからです。


一方、毎回毎回相手に期待を持たせるようなことばかり
言って、全く実現させないような経営者の言うことは
その内、誰も聞いてくれなくなります。


その人の言葉の重みが全くなくなってしまうからです。


あなたも誰かと業務提携するときには、

======================================================
◆自分に都合の悪いみっともない事
 ⇒先に言う。

×相手に期待を持たせる事(実現させる気もない社交辞令)
 ⇒先に言わない。
======================================================


ということを実践してみてくださいね^^




今日も最後までお読み頂き本当にありがとうございました。



遠藤祐二



=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com

業務提携契約専門の行政書士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス