2017-04-19 06:48:14

大企業との交渉をするときの3原則とは?

テーマ:┣業務提携セミナー
おはようございます。

今日も楽しくお仕事する
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。



このブログを読まれているあなたは恐らく、
法人の経営者、従業員または個人事業主の方だと
思います。


そして一度ぐらいは誰もが聞いたことがあるような
大企業と取引をしたことがあるのでは?


ひょっとしたら酷い条件を押し付けられて
大変な思いをしたことがあるかもしれませんねガーン


ちなみに遠藤はサラリーマン時代は4社に
お勤めしましたが、いずれも上場している大企業でした。


正直言って、下請けの中小企業や個人事業主に
対して会社の言いなりになって酷い条件を押し付けた
ことも何度もあります。


今日はその経験から逆に中小企業・個人事業主が
大企業と交渉するためのちょっとしたノウハウを
ご紹介したいと思います。


下記の3つです。
↓ ↓ ↓ ↓ 
=========================
1.要望をまずは聞いて分析する
2.内部手続きをお手伝いしてあげる
3.これだけは譲れないというボーダーラインを設ける
=========================


相手の要望をまずは聞いて分析する

 「交渉」というと何か自分の言いたい主張をできるだけ
 相手に飲んでもらうことを第一の目的にするような印象が
 ありますが、まずは「聞く」ことが先決です。

 相手の要望を十分に聞いた上で分析し、
 「どうすれば自分は相手の要望に応えられるか?」を 
 検討します。

 大企業ですから、必ずエゴを出して来ると思っていた方が
 良いです。そこで感情的にならずにそのエゴをまずは尊重して
 分析してみましょう。

 分析した結果、相手の一番の要望は価格以外の所にあることも
 珍しくありません。


 ・早い納期で納品できることかもしれません。
 ・高い品質が欲しいのかもしれません。
 ・メンテナンスが最重要課題なのかもしれません。


 ちなみに遠藤がいた会社はいずれも「品質」第一でした。


 中小企業にとって大企業の価格以外の要望を発見できたときに
 チャンスが訪れるケースが多いのです。




内部手続きをお手伝いしてあげる

 多くの場合、あなたと交渉している人は
 経営者ではなく一社員です。

 よって、あなたと合意したことを内部で
 上司の承諾をもらう必要があります。

 このハードルが大企業では高いのです。

 例えば「5人以上の上司、3箇所以上の関連部署の承諾が必要!」
 なんてことも珍しくなく、その人たちの承諾を取るのが最も大変なのです。


 そこであなたの方から、


 「御社の中で決済を取るための資料作りでしたら
  私共の方でお手伝いできる部分があればさせてください!」


 と提案してみるのです。


 これ、結構喜ばれますニコニコ


 もしあなたがワード/エクセル/パワポを使った
 資料作成が得意な人であれば、ダメもとで提案してみることを
 お勧めしますよニコニコ




これだけは譲れないというボーダーラインを設ける

 これが最も重要です。

 交渉する「前」に「自分の最低ラインはここだ!」という
 ボーダーラインを明確にしておくことは必須です。

 これがないと、


 「相手が大企業だから。。」

 「金払いが良いから。。。」

 「世間体が良いから。。。」


 などと自分に言い訳してズルズルと際限がなくなってしまいます。
 上記のような理由で契約したところで長く持つ訳がないのです。


 だから、「この一線を相手が越えたら即、交渉決裂だ!」
 と思えることがとても重要です。


 そしてこのように思えるためには、
「複数の相手と交渉する。」ことをやっていると
 ハードルが低くなります。

 


 そして、実を言うともう一つ、
 大企業と交渉するのにとても役に立つツールがあります!!


 実際に遠藤が下請け業者と交渉していたときにこれを
 相手に使われるとかなり苦戦しましたショック!


 ではその強力なツールとは???

 :

 :

 :

 :


下記のセミナーでは、
「大企業との交渉に必須のツール」について
かなり詳しくご説明します。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
=============================
第43回業務提携徹底活用セミナー
5月20日(土)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/master-license/entry-12261845620.html

直接の参加お申込はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓
http://my.formman.com/form/pc/4dpemWSrVpLQ2QYS/
=============================
説明するだけでなく、参加者全員にそのツールを
プレゼントします。


もしあなたがご興味があればぜひ遊びに
来ていただければ嬉しいですニコニコ


今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。ニコニコ




遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

業務提携契約専門の行政書士さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

無料メルマガ登録フォーム
お名前(姓)
メールアドレス

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。