上流と下流に挟まったT芝の悲劇とは? | 業務提携契約・業務委託契約・秘密保持契約・ライセンス契約・契約交渉でお悩みの方へ
2017-03-14 06:58:18

上流と下流に挟まったT芝の悲劇とは?

テーマ:■業務提携の契約交渉
おはようございます。

今週は新たな出会いの予感がしている
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。



先日ネットで、

不適切会計および米原発事業に絡む巨額損失で
世間を騒がせたT芝が、今度は液化天然ガス(LNG)事業で
最大約1兆円の損失リスクを抱えている、
という記事が流れました叫び


本当に次から次へと果てしないですねショック!


今回のLNG事業の契約当事者は下記のとおりです。


******************************
米国企業⇒T芝⇒日本国内の買手
******************************


T芝の役割は、
米国企業からLNGを買って日本国内の買手に売る、
といういわゆる販売店です。


ところが今回の契約では、

***************************************************
米国企業からLNGを買う契約は成立していて
代金を支払わなくてはならないが、
日本国内では誰が買ってくれるかもよーわからん!
ガーン
***************************************************


という本当にお粗末な契約条件になっているため、
このままT芝が抱えるLNGを誰も買ってくれないと
最大約1兆円の損失が出るリスクがあるということです。



業務提携=BtoBのビジネスでは多くの場合
どちらかがエンドユーザを抱えていて今回のT芝の
ように、


「上流(米国企業)と下流(日本国内の買手)の調整力」


が問われます。


これ、メチャクチャ高度で誰でもできることではなく、
まさにハイリスクハイリターンのビジネス形態なので
素人は手を出しにくい分野です。



T芝はどなたが担当したのか全く知るよしもありませんが
本当にピンチですねガーン


人の振り見て我が振り直せではないですが、
もしあなたが今回のT芝のように
売り手と買い手の間に入るようなビジネスを
行うのであれば、


「上流と下流の調整力」


が本当に自分にあるのかどうかを必ずチェックしてから
行うようにしてくださいね。


もし自信がないのであれば、最初は少しずつ少しずつ
やっていって失敗をたくさん経験し、知識、経験、ノウハウを
蓄積する所から始めることをお勧めしますよニコニコ



下記のセミナーでは、
成果報酬型ビジネスのケースにおいて
「上流と下流の調整力」を身に着けるための
ワークショップを行います。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
==========================
第42回業務提携徹底活用セミナー
3月28日(火)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/master-license/entry-12249370849.html

直接の参加お申込はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓
http://my.formman.com/form/pc/4dpemWSrVpLQ2QYS/
==========================


毎回やっていて面白いのが、
上流にばかり目が行く人と
下流にばかり目が行く人に
分かれることですニコニコ


だからはまずは自分がどちらのタイプかを
体感するという意味でもとてもおもしろい
ワークだと思います。


もしあなたがご興味があればぜひ遊びに来てくださいねニコニコ



今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。ニコニコ




遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com

業務提携契約専門の行政書士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス