1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2014-04-30 09:22:30

マニュアルから引き剥がせ!

テーマ:┣業務提携セミナー
皆さんこんにちは

今日は雨降りで外に出たくない
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


GWの合間ですがいかがお過ごしでしょうか?


遠藤は最近、事務所のPCをHP製の機種に
買い換えました。


とかく最初のうちは使い勝手がよくわからず
しょっちゅうサポートセンターに電話しています。


ところがGW中はテクニカルサポートに
電話してもずっと話中でなかなかつながらない
のです。


そこで仕方がなく、全然PC操作とは関係のない
契約・手続の窓口に電話しました。


遠藤:「すみません。このPCの○×△□の操作が
    マニュアル通りにやっても一向にできないのです。
    やり方を教えていただけませんか?」


HP:「申し訳ございません、お客様。
    今は契約・手続きの窓口にお電話を頂いておりまして
    テクニカルサポートの電話番号は・・・」

遠藤:「知ってますよ!そこにかけても1時間以上(本当は
    5分くらい^^)つながらないのでこちらに電話した
    のです。」

   「恐れ入りますが、そちらから連絡してテクニカルサポート
    の担当者に折り返ししてもらうようにお願いできないですか?」


HPなどのグローバルな外資系企業はとにかく
「マニュアル」が完璧に整備されています。

このようなケースにおいてはテクニカルサポート担当を
捕まえられるかどうか確約ができないので、
「努力はするが確約はしない!」ということが
マニュアルに載っているのでしょう。



HP:「お客様、ではテクニカルサポートに連絡をとってみるように
    してみますが、必ず連絡が取れて折り返し出来るかどうか
    まではお約束できないのですが・・・」


このようにマニュアルどおりの対応をする輩には
「個人攻撃」が一番です。


遠藤:「すみません、あなたのお名前をお伺いしてよろしいですか?」


HP:「はぁ?○○と申します。」


遠藤:「○○さんちょっと想像してみていただきたいのですが。。」


   「もし○○さんが私の立場だったとして、1時間以上も
    問い合わせの電話がつながらず、よその部署をお電話
    してやっとつながったと思ったらまたタライ回しに
    されるような応対をされたらどんな気がしますか?」


HP:「。。。。」

遠藤:「そりゃ部署が違うのはよくわかりますよ。。
    HPさんのような大きな会社では仕方がないことです。」

   「でもだからと言って『それは他の部署のことだから知りません
    悪しからず』みたいな対応はカッコ悪いとは思いませんか?」


   「まだテクニカルサポートの受付終了時間まで3時間もあります。
    それくらい時間の余裕があれば十分○○さんならテクニカル
    サポートに連絡をつけて折り返しご連絡いただくようにする
    ことは可能だと思うのですが、こんなことお願いするのは
    無茶でしょうかね?」


HP:「お客様、必ずテクニカルサポートの担当者に連絡させます!」


それから30分もしないうちに無事テクニカルサポートから
折り返し連絡がきて遠藤の問題も解決しました。


このように、

=====================
会社のマニュアル通りの対応は多くの場合
事務的で冷たい感じの対応になることが多い。

=====================

のです。

なのでこの場合、相手方の担当者にはマニュアル
のことから離れてもらうのが一番です。


そのためには、相手の名前を聞いて
=====================
「○○さん自身はどのように考えるのですか?
=====================

と質問してみるのです。


こちらの主張が理不尽なものでない限り
結構、受け入れてもらえる可能性が高く
なります。


この、
================
相手方の個人的な感情に訴える!
================

と言うのは、業務提携契約の交渉においては
かなり有効な手法です。


特に相手方が大きな会社の場合は特に
そうしなければなりません!


なぜならば、相手方担当者は多くの場合

「社内で上司またはマニュアルで指示された
 とおりの対応」

を最初のうちはして来るケースが多いからです。


よって、

=====================
「○○さんはどのように考えるのですか?」
=====================

とダメ元で個人の感情に訴える価値はあるかと
思います。


あなたもぜひ大企業の担当者との
業務提携契約交渉に臨むときには、

================
相手方の個人的な感情に訴える!
================

という手法を織り交ぜてみてくださいね!


下記のセミナーでは、業務提携契約交渉に
おける、「大企業との契約交渉のコツ」に
ついてもかなり時間をとってご説明します。

=================
第22回業務提携徹底活用セミナー
5月23日(金)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
http://amba.to/1oMjd7j
=================


遠藤はもと大企業側の交渉担当だったので
あなたの知らない「大企業の物事の考え方」
をお話しちゃいます!


もしあなたがご興味があれば
ぜひ遊びにきてくださいね^^





今日も最後までお読み頂きありがとうございました。


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-04-28 09:26:44

インドの最後の洗礼を受けました

テーマ:┣業務提携セミナー
皆さんこんにちは

今晩は久しぶりの麻雀大会でワクワクしている
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


GWがスタートしましたね^^


先週、インドから成田空港に朝に到着し、
そのまま帰宅したのですが、昼頃になってから
強烈な下痢に見舞われました^^;


朝食中の方ゴメンナサイm(__)m


食べるもの全てがNON-STOP!!叫び


水のように体内のものが全部出て行って
しまうような感じで、体中の力が抜け
立っているのもやっとって感じになりましたガーン


「なんで?どうして?」ショック!


と、朦朧とする意識の中で思い当たる原因を
考えていました。



インド滞在中は、

・朝昼晩とカレーを食べ続けていましたが
 平気でした。

・生野菜が危険と言われていましたがホテルで
 バクバク食べていました。

・そんなに丁寧に手も洗わずにナンを手で
 食べていましたがなんともありませんでした。

・ガンジス川で顔をつけて泳いでいましたが
 変な病気にもなりませんでした(笑)


つまり滞在中はいたって元気だったのです。

「俺って結構、病原菌に抵抗力がついて
 きたのかも?」

とさえ思い始めてきました。


なのに日本についた途端これです。


今にして思い当たるのはタイミング的に。。。


**********************************
帰国便のインド航空の機内食です。
**********************************



確か、キュウリの輪切りみたいなのが
入っていて、あまり味もおいしくなかった
のですが、「野菜はとらなきゃ!」と
思って全部食べてしまいました。


最後の最後で最も安全だと思っていた
機内食にやられるとは・・・・^^;


この、
==================
最後の最後に落とし穴にはまるリスク!
==================

は、業務提携契約交渉でもあります。


何度も何度も交渉して、こちらに有利な
条件を勝ち取っても、その交渉結果に
基づいて相手方が修正したきた最終版の
契約書にその条件が全く反映されていない!

そして双方の署名が終わって数日後に
ゆっくりと見直してみて初めて気が付いて
愕然とする!!


なんてことがよくあります。


特に内容が複雑で枚数も多い英文契約書だと
日本人もチェックしきれないことが多いのです。


×もうさんざん交渉して疲れている。

×「まさか最後の最後にそんな姑息なことは
  しないだろう?」と勝手に信じ込んでいる。

×「早く署名して終わらせたい」という誘惑に
 負けてしまっている。


のが主な原因です。


この最後の詰めを誤らない方法は2つだけです。

========================
最終版の作成はこちら側で行うこと!

最悪、相手方が最終版を作成したときは
 すぐにその場で署名せずに4、5日最終チェック
 をする時間をもらうこと!
========================

自分が苦労して勝ち取った交渉条件は
双方が署名した契約書に反映されて初めて
日の目を見るのです。


あなたも契約交渉に臨むときにはぜひ
最後の詰めを誤らないでくださいね^^


でないと遠藤のように強烈な洗礼を受ける
ことになりますよ(苦笑)



下記のセミナーでは、業務提携契約交渉に
おける、「契約交渉の詰め」についても
かなり時間をとってご説明します。

=================
第22回業務提携徹底活用セミナー
5月23日(金)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
http://amba.to/1oMjd7j
=================


もしあなたがご興味があれば
ぜひ遊びにきてくださいね^^





今日も最後までお読み頂きありがとうございました。


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2014-04-25 10:11:51

「このバカたれが!!」と怒鳴ってしまいました^^;

テーマ:┣業務提携セミナー
皆さんこんにちは

インド航空の機内食が当たったのか胃がピンチ!の
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


以前、遠藤がまだサラリーマンをして
いた時のことです。


一応管理職だったもので
部下が8人ほどいました。


8人のうちの一人に係長のA君がいました。


ある時、A君に頼んであった案件が期限を
過ぎても結果の報告がなかったので、
A君を呼んで聞いてみました。


遠藤:「あの案件は先方と話はついたのかい?
    期限は確か昨日だったと思うけど。。」


A君:「あーそれなら先方から返事がないので
    メールしておきましたけど。。。」


遠藤:「このバカたれが!!!!!」

   「なんだ?『メールしておきましたけど』って?」

   「期限は昨日だったろうが!!!」

   「返事がなかったら電話するなり訪問するなりしたのか?」


A君:「。。。。。してません」


遠藤:「このバカたれが!!!!!!!!(2回目^^;)」


遠藤の器が小さいのは今に始まったことではありません(苦笑)

他の部下が全員いる前で大声で罵倒して
しまったのは失敗でした。


でも、遠藤の欲しい結果が、「メールをしておいたこと」
ではないくらい、分かっていて欲しかったです^^;


ちなみに会社勤めをやめた今でもこの、

「メールしておきましたけど。。。」

という言い訳をする人に結構出会うのには
本当に驚きますが^^;


この、
==================
目先のしょーもない事に囚われずに
本当に欲しい結果にフォーカスする。

==================

というごくごく当たり前の事が
業務提携契約交渉においても重要です。


そして多くの人ができていません。


例えば、


「契約書を送っておきましたから。。。」


みたいな感じです。


「契約書案を作成して送ること」は
本当に欲しい結果ではありません。


「契約締結すること」がまずは
第一の欲しい結果になります。


つまり契約書案を作るのはほんのスタート
でしかありません。


そこからが本当の勝負なのです。


いかに小難しい契約書の案を相手にわかり易く
伝え、かつ相手の主張をできるだけ聞きだして
合意にまで到達するか?の方が遥かにエネルギー
がいるのです。



あなたももぜひ契約交渉に臨むときは

==================
目先のしょーもない事に囚われずに
本当に欲しい結果にフォーカスする。

==================

ことを忘れずに、くれぐれも誰かに
「このバカたれが!!」と怒られない
ようにしてくださいね。  



下記のセミナーでは、業務提携契約交渉に
おける、「契約書作成後の交渉ノウハウ」に
ついてもかなり時間をとってご説明します。


=================
第22回業務提携徹底活用セミナー
5月23日(金)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
http://amba.to/1oMjd7j
=================


もしあなたがご興味があれば
ぜひ遊びにきてくださいね^^





今日も最後までお読み頂きありがとうございました。


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

無料メルマガ登録フォーム
お名前(姓)
メールアドレス

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。