1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2014-01-31 09:42:30

彼は何者?

テーマ:┣業務提携セミナー
皆さんこんにちは!
やることがてんこ盛りで嬉しい限りの^^
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


先日からある見込客と電話とメールで
やり取りをしています。


仮にAさんとします。


このブログで何度もご紹介していますが
遠藤は契約サポートをする前に、色々な
質問をして、見込客のビジネスの全体像
を掴んでいくのを一つの型にしています。


これはどんな見込客でも例外はなく
このSTEPは今まで一度も省略した
ことはありません。



で、Aさんとの質疑応答の様子を少しだけ。


遠藤:「Aさんがこの業務提携でこれだけは責任を
    負いかねます!という項目で、何か契約書
    に書いて欲しい項目があれば追加するので
    教えていただけますか?」

Aさん:「何を言ってるんですか!!そんな事を
     言ったら相手が引いてしまいますよ!!」


遠藤:「Aさんが相手方に渡す何かノウハウなどのが
    あれば具体的に教えてもらえますか?例えば
    マニュアル、技術資料などです。」


Aさん:「そんなのたくさんありますよ!これからも
     作ります。相手の方々にも大好評です!」


遠藤 :「そもそも契約当事者はAさん個人ですか?それ
     ともAさんが何かやられている法人があって法人名
     で主催しますか?」

Aさん:「もうお互いのズレが大きすぎてご回答できません!」



「ズレが大きすぎる・・・」確かに^^;


という訳で全然かみ合わないのです。


遠藤も、「もう知らんわ・・」と放って
おこうかと思いましたが、信頼している方の
ご紹介なので頑張ってその後も4~5回
電話/メールのやり取りをしました。


でも回を追うごとに、Aさんからの訳がわからんかつ
大変失礼な回答のオンパレードが増えるばかり。。。。



困りきって紹介してくださった方に電話しました^^;


すると・・・・

・Aさんは誰に対しても「ワー!」と言うタイプ
・どうやら職場でもうまくやっていけずにこのまま
 クビにされそうな感じ。
・Aさんも独立してビジネスをやりたいと思っている。
 セミナーはその一環である。


とのことでした^^;


「エー!!!!?」って感じです。


そんな話を聞いていたら絶対この話は
受けませんでした。


遠藤は基本的に器の小さい人間です。


そんなごく普通の社会人生活も送れないような
Aさんをカウンセリングして社会復帰できる
ようにしてあげるような気はサラサラありません。


いやー本当に失敗しました^^;


このように、

===================
信頼している方の紹介だからと言って
ビジネスの相手の素性を調べる手間を
惜しむと大失敗する!

===================

のです。


今までは結構、紹介経由のお客様はハズレが
なかったので、心のどこかで

「紹介が一番!だから紹介された人も信頼して良い!」

と油断している自分がいました。


この、

================
相手の素性を明らかにすること!
================

は業務提携契約交渉でも最も重要な点の
一つであり、世の中の交渉者が見落としている
ポイントでもあります。


特に、「法人」なのか?「個人」なのか?


についてどちらでも良い!みたいな感覚の人が
多いのに驚かされます。


契約者が法人なのか個人なのかでその責任の
取り方は全く違ってきます。


また、親会社と子会社の区別もつかずに
「○○グループ」として勝手に一つの
会社みたいな感覚の人も多いです。


これを知らずしては契約交渉は絶対にスタート
できません。


あなたもぜひ、

「相手の素性を明らかにすること!」を

怠らずに、遠藤のような間抜けな失敗を
しないようにしてくださいね。


こちらの方のセミナーではライセンス契約書
の事例を使って、契約交渉に臨むにあたっての
「契約当事者は誰か?」についての重要性に
ついてワークで取り扱います。

=======================
第4回20年ビジネスを続けるための
事業計画と業務提携契約セミナー
2月7日(金)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
http://bit.ly/1iJnUe3
=======================
第20回業務提携徹底活用セミナー
2月21日(金)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
http://amba.to/1kw6Z0m
=======================

2月7日(金)開催のセミナーは満員御礼後に
急遽増席しましたが、早くも残席「2」と
なっています。

もしあなたがご興味があれば
ぜひ遊びにきてくださいね^^


ちなみに上記のAさんはとうとう明日、
遠藤の事務所に来ることになりました。


どんな対決になるのか????


乞うご期待!!




今日も最後までお読み頂きありがとうございました。


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-01-30 07:45:56

「おいしい!」って言うに決まってるんです!

テーマ:┣業務提携セミナー
皆さんこんにちは!
昨日デザートで食べたチーズケーキが胃にもたれてる^^;
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


遠藤がしょっちゅう行っている
カレー屋さんの社長さんはいつも
お客さんと一緒になってお店で
カレーを食べています。


ご本人にお伺いしたところちゃんと
お金も払っているそうです。


普通、どこの飲食店でも社長さんや
店員さんはあくまでもサービスを提供
する立場でお客様と接するのが普通です。

お店の商品には手をつけないって感じの
方が多いのでは?


でもこの社長さんはお客さんと一緒になって
自分の店のカレーを楽しんでいます。


一見すると、「成功者は余裕があっていいなー」
などと思います。


でもこれ、ちゃんと訳があるんです。


よくお客様が料理を楽しんでいる所に
シェフやオーナーがお邪魔して、ニコニコ
しながら


「おいしいですか?」

と聞き、お客さんも笑顔を返して

「ハイ。とっても!」

なんて光景を見ますが、よくよく考えてみれば
そんな聞き方しても


「おいしい!」って言うに決まってるんです!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


自分で満足感を味わいたいのならそれでも
良いですが、お客さんの本音を聞きたいのなら
ダメなのです。


なんでも本音でズケズケ物を言ってくれる人
ばかりだと思ったら大間違いです^^;


なので上記の社長さんはお客さんと全く同じ
状況を作り出し、お客さんと一緒の行動を
取ることで知らず知らずのうちのお客さんの
本当の声を聞き出す事に成功しているそうです。



このように「本音で物を言わない人」を
相手にするときは、

==============
相手の本音を聞きだす工夫
==============

が必要です。


ここで「解決質問」という質問のやり方が
有効らしいです。


「おいしいですか?」と聞いて相手が

「おいしいです!」と答えたら、

「ありがとうございます!でももう一味工夫を
 加えられるとしたらどうしたらいいですかね?」

と聞いてみるのだそうです。


これなら相手も、問題点を指摘するのではなく
解決策を求められていると感じるので、

「んーそうですねーもう少し塩味を効かせても。。。」

などと本音を言ってくれる可能性があるみたいです。


いやー本当に質問って難しいですよね。
慣れと実践経験が必要です。


あなたもぜひ日々、素晴らしい質問ができるように
頑張ってみてくださいね^^


こちらの方のセミナーではライセンス契約書
の事例を使って、契約交渉に臨むにあたっての
質問についてワークで取り扱います。

=======================
第4回20年ビジネスを続けるための
事業計画と業務提携契約セミナー
2月7日(金)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
http://bit.ly/1iJnUe3
=======================
第20回業務提携徹底活用セミナー
2月21日(金)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
http://amba.to/1kw6Z0m
=======================

2月7日(金)開催のセミナーは満員御礼後に
急遽増席しましたが、早くも残席「2」と
なっています。

もしあなたがご興味があれば
ぜひ遊びにきてくださいね^^





今日も最後までお読み頂きありがとうございました。


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-01-29 09:04:15

アインシュタインの頭の中

テーマ:┣業務提携セミナー
皆さんこんにちは!
今日は目覚ましが鳴る前に目が覚めた
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。



ある本に天才アインシュタインのインタビューの
逸話が載っていました。


彼は、こんな質問を受けたそうです。


「あなたが死にそうになって、助かる方法を考えるのに
 1時間あるとしたら、どんな事をしますか?」


さて、あなただったらどうですか?

・誰かに相談する。
・ネットで解決策を検索する。
・なんでもいいから悪あがきしてみる。
・静かに今までの人生を振り返る。


など色々あるかと思います。


でもアインシュタインはこう答えました。





「最初の55分は適切な質問を探すのに費やすだろう。」




と。


アインシュタインは脳をもっとも使いこなすには
適切な質問をするだけでよい、そうすれば自動的に
脳が適切な回答を導き出してくれる。


と知っていたわけです。



遠藤もクライアントと最初に接するときにはまず


「どんな質問をすれば良いだろう?」


とかなり時間をかけて真剣に検討します。


本当に適切な質問さえ用意できれば7割方
仕事は終わったようなものだと思っています。


正直言ってしまいますが、適切な質問を用意
できずに、見込客から、「なんじゃこのトンチン
カンな行政書士は!!」と言った感じで言われた
ことがあります。


「なんでそんな事、質問するんですか!!?」


と見込客が怒り出してしまったこともあります。


ある見込み客に対してはとても有効な質問でも
他の見込み客には全然使えないこともあるので
とても難しいのです。


全然使えない質問にならないためには、


STEP1:オープンな質問で自由に答えてもらう

   例)
   このビジネスにおいて不安や課題に思って
   いることはなんですか?


STEP2:クローズな質問で課題を明確にしていく。

   例)
   商品の支払期日は月末締めの翌月末払いって
   感じでよいですか?


の2段階が良いようですね。

そしてSTEP2で明確にしきれなかったらまた
STEP1に戻ることも時には必要かもしれません。



あなたもぜひ、何をするにおいても
適切な質問を用意する訓練を積む事をお勧めしますよ^^


遠藤のコーチングの師匠が言っていました。


「人生の質は質問の質で決まる!」


だそうです。



こちらの方のセミナーではライセンス契約書
の事例を使って、契約交渉に臨むにあたっての
質問についてワークで取り扱います。

=======================
第4回20年ビジネスを続けるための
事業計画と業務提携契約セミナー
2月7日(金)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
http://bit.ly/1iJnUe3
=======================
第20回業務提携徹底活用セミナー
2月21日(金)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
http://amba.to/1kw6Z0m
=======================

2月7日(金)開催のセミナーは満員御礼後に
急遽増席しましたが、早くも残席「2」と
なっています。

もしあなたがご興味があれば
ぜひ遊びにきてくださいね^^





今日も最後までお読み頂きありがとうございました。


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

無料メルマガ登録フォーム
お名前(姓)
メールアドレス

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。