1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2012-02-23 22:20:06

取引基本契約書:知的財産権(その3):6億円の損害賠償請求!

テーマ:■取引基本契約書
スピード業務提携法

                 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
           セミナー詳細は上記画像をクリック!

          




みなさん こんにちは


いつもガーガー電話の声がうるさいご近所
の方がお引越しのご挨拶にわざわざ見えられて
ちょっとさびしい気持ちの、


業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


今日も、取引基本契約書のポイントについて
少しずつ説明して行きますね。


**********************************************
取引基本契約書のポイントの目次はこちら
**********************************************


今日は
===========
知的財産権(その3)
===========

についてです。


知的財産権(その1)はこちら
知的財産権(その2)はこちら


遠藤は、以前とあるIT企業の法務部に勤めて
いたのですが、ある日の朝、なんの気なしに
流れてきたFaxを眺めていたらこう書いてあり
ました。


被告は損害賠償金6億円を支払え!



送信者はアメリカテキサス州の裁判所です。

もう社内中大騒ぎ!弁護士に連絡するなり
大株主に説明に行くなり、蜂の巣を突いた
ような騒ぎです。


これは元はと言えば知的財産権の権利帰属
についてきちんと取り決めておかなかったこと
が原因でした。

その後、裁判が完全に収束するまで2年という
期間を要しましたが、本当に知的財産権に関し
ては、どんなに注意してもしすぎることはない
と思いました。


さて、遠藤が勤めていたようなIT企業では大体、
買主が仕様書、図面、サンプルを売主に提示し、
「この仕様通りに製品を作って納品してください!」

というようなビジネスになります。


従って、売主の方で買主から預かった仕様書や
図面等に基づいて製品を作っているうちに新たな
改善点や着眼点が閃いてあらたな発明が生まれる
ことがよくあるのです。


よって取引基本契約書上では・・・・・


◆相手方から開示された図面、仕様書、試験データ
 ノウハウ、アイデアその他情報に基づいて新たに
 発明、考案、意匠、回路配置、著作物の創作が
 なされたときは、速やかに相手方に通知し、その
 取扱いについて協議のうえ決定すること。

◆製品について、共同開発が行われる場合知的財産等
 の成果物の取扱いについては両者協議のうえ決定
 すること。

を規定します。

上記の2番目のポイントについては、別途共同開発
契約書を取り交わすこともよくあります。



いずれにしても、いきなり裁判で6億円も請求され
ないように、常日頃から知的財産権の取扱いについて
は注意しておきたいものですね^^;




今日はここまでにしておきます。


最後までお読み頂きありがとうございました!



次回は、「補修物品の供給」についてお伝えします。




遠藤祐二



=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-02-23 11:00:13

取引基本契約書:知的財産権(その2)iPhone商標権問題

テーマ:■取引基本契約書
スピード業務提携法

                 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
           セミナー詳細は上記画像をクリック!

          



みなさん こんにちは


今日も仕事中に急に15年以上前のむかっ腹
立つ出来事を思い出してプンプンしていた(笑)


業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。



大分、間が空いてしまいました^^;

今日も、取引基本契約書のポイントについて
少しずつ説明して行きますね。


それにしても本当にチェックポイントが多い(笑)


**********************************************
取引基本契約書のポイントの目次はこちら
**********************************************




今日は
===========
知的財産権(その2)
===========

についてです。


知的財産権(その1)はこちら



中国でアップルが中国の懐中電灯のメーカーから
「iPhone」の商標権を主張されピンチですね。



商標権申請は色々な産業分野別に申請が分かれており
アップルが全ての産業分野での申請を行っていなかった
がために、2010年に「照明」の分野で、iPhoneの
人気爆発を見越した中国企業に先に商標登録されてしまった
という訳です。



なんか昔、日本でも数十年ぶりに阪神タイガースの優勝を
見越して、「阪神優勝」の商標登録をしてしまった人が
いて争いになった事件を思い出しました^^;


ちなみに、この「阪神優勝」の商標権は、
商標法第4条第1項第15号の「他人の業務と混同する
恐れがある商標」に該当するのでは?という阪神タイガース
の無効審判請求を受け、特許庁が請求を認め登録は無効と
されました。


「そんなことなら最初から登録申請を認めないで欲しい」


と個人的には思いますが^^;)



中国のiPhoneはどうなるのでしょうかね?
もし中国の特許庁が商標登録の無効を認めなければ、
iPhoneの照明の分野に係る商標権をアップルは多額のお金を
出して買うのでしょうか?


ちょっと目が離せない事件だと思います。


さて、では取引基本契約書では本件についてどのように手当
をするのでしょうか?


通常は下記のような内容を記述します。


◆相手方の一切の知的財産権を無断で使用し侵害しては
 ならない旨


◆いずれかの当事者の知的財産権が相手方に開示されるときでも
 その知的財産権は開示者の固有の財産として開示者に帰属する旨


◆相手方は開示者の知的財産権の登録を目的としたいかなる出願
 もしてはならない旨


最低限、上記の内容は記述しておきましょう!


商標権は本当に難しいです。
あまりに細かく完璧に全産業分野で商標権出願してしまうと
その出願・維持費用もばかにならないです。


取引基本契約に絡めて商標権・特許権の出願をするときは
必ず事前に信頼のおける弁理士の先生に相談することを
強くお勧めします。



今日はここまでにしておきます。


最後までお読み頂きありがとうございました!



次回は、「知的財産権(その3)」についてお伝えします。




遠藤祐二



=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-02-21 21:01:52

のんきな午後の映画鑑賞

テーマ:├エンターテイメント
スピード業務提携法

                 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
           セミナー詳細は上記画像をクリック!

          




皆さんこんばんは!
今日の午前中は銀座のお客様の事務所で
ミーティングし、午後はのんびり映画を
見てのんきな1日を過ごした、


業務提携契約専門の行政書士 遠藤祐二です。



聯合艦隊司令長官 山本五十六を見てきました。


銀座シネパトスって行ったことありますか?


なんか、昭和初期の香りがする映画館です。
こんなところあったんですね。とてもいい感じです^^


「山本五十六」については、学校の歴史の教科書で
真珠湾攻撃を指揮した軍人、くらいの知識しかなかった
のですが、この映画では最後までアメリカとの戦争反対
を叫び続けた人として描かれています。


最近、「龍馬伝」、「篤姫」と歴史からたっくさん学んで
いる遠藤としてはとても考えさせる材料をたくさん得られた
映画でした。



この映画でとても印象に残ったことを3つ



物事は必ず原点まで遡って見なければならない

 ドイツ軍人が書いた本を都合の良いように日本語訳された
 ものを読んで、大きく勘違いしている青年将校が描かれて
 おり、「やはり、自分の足で原点を探る労を惜しんでは
 いかん!」と教えられました。



物事は客観的に公平に見なければならない

 当時は中央政府の官僚およびそれに同調するマスコミが
 あたかも日本軍がアメリカに連戦連勝しているかのごとく
 間違った情報を国民に流し、悲劇を増大させました。


 これは全て・・・


 最初に「こうしたい!」という欲望からスタートし、そこ
 から物事を分析・判断して得られた誤った判断の結果です。

 物事を客観的に公平に見れる人というのは、 頭脳の優秀さ
 よりも先に、「無欲でいられる人」でなくてはならないと
 いうことがよく分かりました。



人には必ず天命=役割というものがある

 これは、「龍馬伝」、「篤姫」、「山本五十六」全てに通ずる
 最も重要なテーマです。

 人には必ず神様に与えられた役割というものがあり、それを
 するために必ず他の人よりも優れた能力を授かっている、

 ということを再認識しました。


 「遠藤の天命=役割とは?」と帰りの電車の中で何度も自分に
 質問しました。


★「龍馬伝」
★「篤姫」
★「山本五十六」



ぜひぜひ見てみることを強くお勧め致します!



今日も最後までお読み頂き誠にありがとうございました。




遠藤祐二



=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

無料メルマガ登録フォーム
お名前(姓)
メールアドレス

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。