産後太りでお悩みのあなたへ

テーマ:

産後太りになってしまう理由とは?

具体的な産後ダイエットの方法や効果が実感できると話題のダイエット食品を試す前に、まずは産後太りの原因を考えていきましょう。

妊娠中に増えた体重は、出産をしたからといってもすぐに元どおりになるわけではありません。妊娠すると、胎児のほかに胎盤・羊水・血液・皮下脂肪で平均8〜15kgほど体重が増えます。

しかし、産後減るのは胎児・胎盤・羊水を合わせた5kgほどで、残りは血液と皮下脂肪の重さだといいます。

妊娠中は胎児保護のため皮下脂肪を蓄えて太ります。

血液は妊娠中、胎児に栄養を滞りなく届けられるよう、30〜50%ほど増えるそうです。重さに換算すると2kg近くありますが、出産後は時間をかけて元の量に戻っていきます。

また、一部は母乳として赤ちゃんの栄養として消費されるため、産後太りにおいて血液の増量は、さほど心配しなくてもいいでしょう。

問題は皮下脂肪です。

外部の衝撃・冷えから胎児を守るために妊娠中は皮下脂肪がつきやすくなります。けれど、出産後は何の役に立つことはありません。つまり、皮下脂肪こそが産後太りの原因というわけです。

産後太りをそのまま放置するとさらに太る

以上のように、産後太りは妊娠・出産を経験したすべてのママに起こると言っても間違いはありません。その産後太りを放置してしまうと、どうなると思いますか?

まず、血の巡りが悪くなって腰痛・むくみ・冷えが起きやすくなります。さらには、お尻の肉が垂れ下がり下半身を中心に贅肉がつきやすくなります。つまり、オバサン体型まっしぐら。

早めにその贅肉をどうにかしておかないと、次の妊娠・出産が大変になるばかりか、旦那さんの気持ちも離れてしまう可能性だってあるんですよ。

 

当院の骨盤ダイエット(施術+歩行+骨トレ)で代謝をあげて、産後の骨盤を妊娠前の元の滑らかな骨盤に戻していきましょうね!

 

              

 

詳しくはお電話Line@で友達追加してお問い合わせください。

また産後の骨盤のトラブルについても合わせてお問い合わせください。

 

今日はここまで、本日も最後までお読みいただき真にありがとうございます。