腰痛・背中の痛み

テーマ:

腰痛・背中の痛み について

厚生労働省のデータによると、日本人の約8割が一生に一度は腰痛を経験するといわれています。腰痛と言うと、昔は高齢者がなるものだと思われがちでした が、現在は働き盛りの30代~50代にもっとも多いのが特徴です。これは会社におけるパソコンの普及によって、座りっぱなしの時間が昔より異常に増加したことが原因と思われます。腰への負担は、立っているときより座っているときの方が重いのです。

このように、慢性腰痛の原因は、姿勢の悪さや歩行不足による骨盤・股関節の潤滑不全(油切れ)がほとんどであると言えます。
また、腰椎の骨や椎間板に変 形が起こる(変形性)腰椎症も慢性腰痛の原因と考えられていますが、その際も退行変性した椎間関節の潤滑不全及び周囲軟部組織の変性が起こっています。いったん腰痛になると、体全体のバランス が崩れて骨盤や背骨に歪みが生じるため、いつまでも治らないしつこい慢性腰痛に陥りがちです。

当院の対処法とアドバイス

筋肉的な緊張や疲労が原因となっている腰痛には、骨盤の仙腸関節が動きの悪い状態(潤滑不全)になっている場合が多いです。
当院では「骨盤や関節に油をさす」という独特の療法によって関節調整をして歪みを取り、体をいったん楽な状態にします。正しい姿勢やエクササイズ をアドバイスさせていただき、痛みを繰り返さない体質改善を目指します。

背骨に問題がある場合、まずは専門医への受診をお勧めします。病院での画像診断などの結果をお聞きしたうえで施術方針を検討しますが、背骨に問題(ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症など)があると言われた場合でも骨盤調整や体全体の歪みを整えると症状が楽になる場合があります。
さらに関節トレーニ ングや姿勢、歩き方の改善によって生活の質が向上したケースは少なくありません。

内臓の病気に不安がある場合や、通常の整形外科的な痛みとは違うケースの場合、カウンセリングの段階で医療機関での検査をお勧めすることもあります。

腰痛は、二足歩行になった人間の宿命です。しかし、そのほとんどが関節疲労(油切れ)による炎症からくるものですので、歪みのない体に整えることで腰痛になりにくい体質改善を行うことは十分可能です。同時にそれは加齢とともに進む背骨の変形を食い止める予防にもなり得るのです。