肩こり・首の痛み

テーマ:

肩こり・首の痛み について

人間の頭の重さは約4~5kgあります。普段はあまり気になりませんが、ボウリングのボールくらいありますのでかなり重いですね。

肩こりの原因のほとんどは姿勢の悪さです。机でパソコンを使っているとき、人間は頭がかなり前に出た姿勢になります。この時、首や肩の筋肉にかかる負担は正しい頭の位置に比べて2倍以上になります。
デスクワーク中心のお仕事なら、この状態が毎日8時間近く続くわけで、肩・首・背中の筋肉疲労は想像以上で す。この筋肉疲労が鈍痛を引き起こします。

また、肩こりの痛みがストレスになって筋肉の緊張を高めてさらに痛みを強くしてしまうという「痛みの悪循環」を招いてしまうこともあります。これが中々治らない慢性肩こりです。

しかし、悪い姿勢だけが肩こりの原因のすべてではありません。なで肩で鎖骨と肋骨の間のスペースが狭いために動脈や神経が圧迫されて肩こりが起こることもあります(胸郭出口症候群)。そのほか、内臓の病気や更年期障害などによっても肩こりの症状がある場合があります。

当院の対処法とアドバイス

肩こりの痛みは、痛みの原因となっている骨盤からしっかり整えていかないといけません。しかし、筋肉だけマッサージして緩めてもすぐ戻ってしまいます。骨盤や股関節背骨が正しく滑らかに動いてこそ正しい姿勢を維持して首肩に負担をかけないようにできます。

また、肩こり解消のコツは肩甲骨です。肩こりの原因となる筋肉は、僧帽筋や肩甲挙筋、菱形筋といった肩甲骨に関係する筋肉ですので、それにつながる肩関節や背骨の動きがアンバランスさがこの事態を招いています。毎日少しずつで構わないので、コツコツと腕を振って歩くことを心がけてください。

また、整形外科を受診すると「ストレートネックだから肩がこる」と診断されるケースが多いと思います。これは日常生活の姿勢と歩行不足に問題があって頸椎の生理的 カーブが失われてしまうのです。首から背骨、骨盤にかけての関節の潤滑を取り戻していけば、少しずつ改善していきますので、決してあきらめないでください。