ゴルフウェア

ファッションセンス無しでもOKの簡単コーデ


私の場合、ゴルフを始めることになって一番困ったのが、ゴルフウェアをどう選ぶか?と言う問題でした。

普段の服装はポロシャツにジーンズと無頓着ですし、量販店にディスプレイされている原色だらけで派手な模様のゴルフウェアを最初に見た時は「こんな恥ずかしい格好でゴルフをしないといけないのか」と何かの罰ゲームを受けている心境になりました。

上下ともなるべく地味そうなデザインのものを選んで試着してみたのですが、身体のラインがくっきり出るようなデザインだったりして「ゴルフ以前にダイエットが必要じゃないか」とイヤな気分になったものです。

普段の服装には無頓着なのですから、ゴルフウェアが似合おうが似合うまいが関係ないと思われるかもしれませんが、ゴルフが下手で笑われるのは仕方ないとして、ゴルフウェアで笑われる事は絶対に避けたいものです。

そこで今回の記事は、私が紆余曲折を経てたどり着いた、ファッションセンスがなくてもOKの失敗しない簡単ゴルフウェアコーデについて書いてみたいと思います。

まずはマネキンになってみる


私がまず最初におこなったのは、プロのアドバイスを受けることでした。

雰囲気の良さそうなゴルフショップに行って、女性の店員さんに全身コーディーネートをしてもらうのです。

私は大阪在住なので、他府県の事はわかりませんが、大阪ならつるやゴルフの本店に行くか、桜宮ゴルフクラブのセレクトショップに行けば間違いないと思います。

私のように派手な格好を避けたい方は「地味目の無難なコーディネートでお願いします」と要望を伝えてください。

ネットのバーゲンに比べて、少し出費はかさむかも知れませんが、季節替わりのバーゲン時期を狙えば財布に優しいでしょう。

アパレル契約プロをお手本にする


次におこなったのは、プロゴルファーのコーディネートをお手本にする事でした。

参考にするのは、深堀圭一郎プロのようにアパレルメーカーと契約しているプロのコーディネートです。

ご存知かと思いますが、深堀圭一郎プロはキャロウェイとゴルフ用具の使用契約とは別に、キャロウェイアパレルとウェアの契約をしています。

毎週のテレビ番組の収録やCMでの衣装は、提供を受けたものを自由に選んで着て良いのではなく、キャロウェイアパレルのコーディネーターさんが選んだものを着る契約になっていると思います。

アパレルメーカーにとって、TVのレギュラー番組を持つ契約プロは、生きたマネキンであり動くショーケースです。

そのブランドの商品で全身を固める必要は無いですが、配色などは大いに参考にすべきだと思います。

スコアメイクとウェアのコーデは同じ理屈


その後になって気づいたのですが、ゴルフのスコアはミスをして損をする打数を減らせばスコアが良くなるのですから、その理屈からすれば、ウェアのコーディネートは「やってはいけない禁じ手」を挙げて、それをしないようにすれば良い事に気づきました。

上下とも原色で組み合わせる。などの絶対にやってはいけない項目を挙げて、それを整理して体系化すれば「失敗しない簡単ゴルフウェアコーデ」になりました。

・シューズ
最初のシューズは、白か黒を選んで下さい。
見た目が良いのは白のスパイクシューズですが、黒でスパイクレスの方が終わった後のお手入れが簡単ですので、見た目を取るか利便性を取るかで選んで下さい。

・シャツ
身体のラインが出ないもので、模様は無いか小さいものを。色は白と黒の二枚を用意します。

・パンツ
白、黒、グレー、チェックの中から二本選んで用意します。

以上、まず手始めにシャツを二枚とパンツを二枚揃えて四通りの着こなしができるようすれば、私のような月いちゴルファーならウェアは十分に間に合います。

ラウンド機会の多い方は、ここから一枚ずつバリエーションを増やすようにします。

紺のシャツで色のバリエーションを増やしたり、幾何学模様やストライプで柄物のバリエーションを増やすと良いでしょう。

絶対にやってはいけないコーデ


何を着ても似合うモデルのような方や、ファッションセンスに自身のある方なら別ですが、私のような普通のお父さんであれば以下の様なコーデは絶対に避けるべきです。

組み合わせNG
・原色と派手な柄

原色と派手な柄は、上下のどちらかに片方だけにしておきます。例えば、原色で派手な柄のシャツはそれだけで一発退場のアウトです。

シャツとパンツのそれぞれに原色と派手な柄がないかをチェックして、ニ箇所以上にチェックがついてしまう組み合わせはNGということになります。

絶対にNG
・水色もしくは灰色のシャツ
・半ズボン
・サイズが大きいもしくは数の多いワッペン、プリント、ロゴ。
・遠くから見てもわかる英文、数字、ドクロ、龍、昆虫、動植物などの模様
・ダメージ加工
・シャツの襟を立てる
・ネックレスなどのアクセサリ

他にも、絶対にNGには「ベルトの上に下腹部を乗せる」という項目が有るのですが、こちらはコーデではなく、私と同じくダイエットを頑張るようにしましょう。