一昨日、届いたEPSON M-Tracerを練習場に持ち込んで自分のスイングを解析してみました。

計測はとても簡単で、グリップの部分に計測用のセンサーを取り付けた後、スマホアプリを起動して計測開始ボタンを押して、アプリの画面の指示にしたがってスイングをするだけです。


M-Tracerアプリ画面


左隅にある再生ボタンを押すと、スイング軌道を画面上で再現してくれます。

再現される軌道は、平面だけでなく3Dでいろいろな角度から見ることが可能です。

この画面はスイングを後方からみたもので、ダウンスイング時にクラブの軌道がVゾーンの間に収まっている事が理想だそうです。

スイングを後方から

スイングデータは、アプリの中の「ライブラリ」という場所に保存されていて、その「ライブラリ」からデータを呼び出すと、プロゴルファーや他のユーザーのスイングデータとを同一画面上で比較をする事が可能です。

画面は、私がスイングのお手本としている一人である、ボミちゃんことイ・ボミ選手とスイングとの比較です。

ボミちゃんと比較

名前の前の丸印と同じ色でスイング軌道が表示されますので、ブルーの軌道が私で、オレンジの軌道がボミちゃんです。

ボミちゃんのスイングをスロー動画で見て感じた印象は「バッグスイングをアップライトに上げて、ダウンスイングはフラットに振った後、インパクトをした後にクラブを急激に左側に引っ張るようなスイング」と感じていたのですが、このM-Tracer上でも、まさにその通りのスイング軌道になっていました。

他のプロのデータも全て見てみましたが、ほとんどのプロのスイングが、バックスイングの軌道とダウンスイングの軌道がボミちゃんのように異なります。

その一方で、私のスイングはバックスイングの軌道とダウンスイングの軌道がほぼ同じです。

機械を使うまでもなく、上げたクラブをそのままおろしてくる事を意識してスイングをしているので、当然の結果だと思います。

アプリのデータを見る限り、このタイプのスイングをするプロは、近藤共弘プロ、薗田峻輔プロ、中井学プロと少数派ですが何名かは存在するようですから、今のスイング軌道でも全く問題は無いようです。

スイング軌道は、バックスイングをフラットにあげて、ダウンスイングをアップライトにするプロはいませんでしたので、最低限このような軌道になっていなければ、比較的自由に振って良いと思います。

スイング軌道とボールが飛ぶ関係については、この事だけで一冊の本が書けるほど、沢山書きたいことがありますが、それはまたの機会にしたいと思います。

ゆっくり振るのに飛ぶ秘密


先日、フィッティング試打に行ってきたミズノのフィッターさんもそうでしたし、一緒にラウンドをした複数の方から、私のスイングについて指摘されることが2つあります。

それは「ゆっくり振っているのになぜそんなに飛ぶのか?」という事と「インパクトの時にすごく良い音がする」と言う事です。

自分のスイングを実際に生で見ることはできませんので、動画やいろいろなデータから推測するしかないのですが、今回M-Tracerでスイングを分析してわかった事があります。

それは、その2つの事は「ナチュラルアンコック」という数値に、どうやら関係があるという事です。

ダウンスイングでタメがない人は、「ナチュラルアンコック」のデータが低い数値を示します。これは、手元の運動量に対してヘッドの運動量が少ないということで、ヘッドが走らず、飛距離も出ません。

ツアープロコーチである石井忍が次世代スイング解析システム「M-Tracer for Golf」(エム・トレーサー・フォー・ゴルフ)の活用術を語る。 / GDO
http://www.golfdigest.co.jp/special/1502epson/02.html
から引用

「ダウンスイングのタメ」というのは初めて聞く表現で、ミズノのフィッティングでは「スイングテンポ」という数値で表現される、「バックスイングからダウンスイングに移る際のタメ」とは異なる「タメ」のようです。

そうすると、レッスン書などでよく見かける「スイングのタメ」というものは、1箇所だけでなくスイング途中の2箇所に存在している事になります。

私自身は、この「スイングのタメ」という表現が具体的に何を指しているのかが説明できないのですが、私がゆっくり振っているのによく飛ぶ理由は、M-Tracerによると「ダウンスイングのタメ」である「ナチュラルアンコック」という数値に関係があるようです。

ナチュラルアンコック

このナチュラルアンコックという数値は、バックスイングからインパクトにかけて、グリップスピードとヘッドスピードを同じように加速させた後、ヘッドスピードを更に加速させるために、インパクトの直前でグリップスピードを減速させる動きを数値化したものだそうです。

投釣りをされる方には、後ろに振った竿を前に戻して、糸を離す瞬間に手の動きを止めて竿を前にしならせる動きと全く同じと説明すれば理解してもらえると思います。

釣りでは頭上から身体の向きと同じ方向にするその動作を、ゴルフでは体と真横の向きに上から下へ行っているわけです。

どうやら、私がゆっくり振るのに飛ぶ秘密は、インパクト直前の手首の使い方が「ナチュラルアンコック」という数値に現れた結果のようです。

ボールが真っ直ぐ飛ぶ秘密


2008年の賞金女王である古閑美保プロは、坂田信弘プロの門下生であると同時に、清元登子プロにも師事していた事は有名です。

この両プロの指導に共通している点は「インパクトの前後のクラブヘッドの動きと、フェースの向きをいかに正しくするか」という事です。

坂田信弘プロはショートスイングを通じてこの事を指導しており、清元登子プロはインパクト前後の30センチをいかにして真っ直ぐ振るかについてのダウンスイング指導に重点を置いているそうです。

この事が正しく行えているか?と言う点については、M-Tracerでは以下の画面で確認ができます。

アタック角度

この画面では、インパクト前後のスイング軌道は横方向に表示されて、フェースの向きは上下方向に表示されます。

スイング軌道がボールを右に押し出す軌道になると印が右側について、左に引っ張る軌道になると左側に印がつきます。

フェースの向きは、開くと印が上について、閉じると下につくので、直感的に理解しやすいと思います。

ボールを真っ直ぐに飛ばすということは、印がこの画面のSの範囲に表示される動きをマスターすれば良いのです。

この動作をマスターするための練習法は、坂田信弘プロのショートスイングが一番だと思いますし、練習量が少ない我々アマチュアにとっては、以前の記事で私が書いた、自宅で出来るスライス矯正法も参考になると思います。

ドライバーとアイアンは同じスイングなのか?


このテーマは以前にも記事を書いており、その際は中途半端な結論しか出せなかったのですが、その後の試行錯誤とM-Tracerを入手した結果、はっきりとした結論が出せました。

それは「ドライバーはアイアンと同じに打っても良いし、違う打ち方もできる」という事です。

但し、「違う打ち方ができるのはドライバーだけであり、フェアウエイウッドやユーティリティはアイアンと同じ打ち方をしないと不利になる。」という事もわかりました。

「ドライバーはアッパーブローに打て」と言われていますが、M-Tracerのデータを見る限りは、ボミちゃんはレベルブローで打っていますし、中井学プロにいたってはダウンブローで打っています。

このような打ち方の多様性が認められるのは、高いティーアップを前提として打つ事を考慮して設計されたドライバーだけであって、フェースの高さが少ないスプーンをアッパーブローに打つのは、ほぼ無理な事だと思います。

またまた話が長くなってしまいましたので、今回の記事はこの辺で。

次回は6番アイアンのスイングを分析した結果について書きたいと思います。

どうぞ、お楽しみに。


【2017/07/20 追記】
次回記事はこちらです。EPSON M-Tracerで自分のスイングを解析してみた【アイアン編】