どうしてロータス治療院はこの場所あるのか? | ロータス治療院ブログ

ロータス治療院ブログ

原宿・明治神宮前・渋谷にあるマッサージ・はり・きゅうの治療院です。
休診日のご案内、健康情報、院内の様子など、不定期更新。

年末らしい仕事の忙しさや、
忘年会などでお疲れの人が増員のロータス治療院です。
風邪の人も多いので【手洗い・うがい】を心掛けましょう。

 

さて、今日は時々患者さんから聞かれる質問に答えます。
「どうしてココ(神宮前)にお店を開いたのですか?」

 それは・・・話すと長くなるので、覚悟して読んで下さい^^


あれは、確か~1998年くらい?
表参道ヒルズの場所に「同潤会アパート」が立ち並んでいた頃のことです。

あの場所には
タロット占いをしている人
自分で作ったトンボ玉のアクセサリーを売っている人
似顔絵を描いている人
マジックマッシュルームを売っている人
ポストカードを売っている人
などなど。

そんな人たちが表参道に横並びで商売をしていた時期です。
私は青いプラスチック製の牛乳の箱とパイプ椅子を置いて、

【マッサージ 10分1000円】
と看板を出しました。

整体の学校にチョットだけ行って、
「できる!」と勘違い。
何ができるのか、全然分かってない素人時代です。
若気の至りというか、バカで大胆な24歳でした。
立ち止まってくれた人にパイプ椅子へ座ってもらい、
私は牛乳の箱の上に立ち、肩をモミモミしました。
一人も来ない日は滅多にありませんが、
1万円も稼げればいい方。

とても気持ちがいいところですよね、表参道って。

北海道から上京して、人の多さに驚き、
慣れない生活環境にストレスを感じていた頃でした。

表参道と青空とケヤキ並木の下で長い時間を過ごし、
「東京にもこんなにいいところがある!」
と毎日感動しました。

人が行き交う表参道に出向くのが楽しくて、
雨の日以外は欠かさず出勤?

表参道の露天商と並んで客を待っていました。

そんな生活が3~4ヶ月ほど続いたある日、
公衆トイレの裏に隠してあった牛乳箱とパイプ椅子、
【マッサージ101000円】の看板が処分されてしまいました。
毎日使っていた道具が無くなってしまったので、
ちょっと落込みましたが、改めて決心しました。

「人の身体を触るなら、もっと勉強しなくてはダメだ」

「いつかは、この同潤会アパートで開業しよう」

それで接骨院に勤務し、鍼灸マッサージ師の資格を取得しました。
その間、残念なことに同潤会アパートのほとんどが取り壊されました。

表参道は世界中のハイブランドがアンテナショップを出店するところです。
だけど、ブランドや派手なことに無頓着な私にとっては、
目に見えないけど、なんだか偉大なエネルギーを感じる凄い場所でしかない。

そんな目線で「夢の表参道近辺」に物件を探しました。
だけど希望条件に見合った物件は皆無でした。
一部だけ残っていた同潤会アパートは
希少価値、超人気物件で、とてもじゃないけど手が出ません。

他の物件は
「ここなら貸せるけど、看板は出せない」
というのが多かったかな。

いろいろ探してみたものの、
グッとくる物件がなく、スッパリあきらめました。

次に考えたのは私鉄の沿線で、駅前物件。
それで渋谷駅の目の前にある不動産屋さんに入りました。

熊「小田急や東急の小さな駅の前で治療院をしたいのですが・・・」

不「本当はどこで開業したいんですか?

熊「表参道で探したけど、見つからなかったんです」

不「もう一回探してみましょう!」

この担当者の言葉は忘れられません。

時間をかけて探してくれたのが、今の場所でした。

希望条件をほぼ全部満たしていました。
表参道ではないけど、表参道の近くでした。

正確には表参道ではありませんが、
患者さんから聞いた話で
表参道と北参道の間は龍が通る「龍の道」と聞き、
気を良くしました^^

目に見えないことですから、
嘘か真かは自分で感じましょう^^

長文でしたが、
読んでくれてありがとうございます。