【現場検証】ショア「笠岡スタイル」in岡山県牛窓沖 | 釣り魂

釣り魂

自由にノンビリ、ゆったり自然と遊び
しかし、釣る時は全力で!

一生付き合うことのできる相棒「釣り」を
お仲間と楽しむことをモットーに!

どこまで可能性を広げることができるか
できるところまでやってやろうとブログで公開中。

燃やそう「釣り魂」


テーマ:

前々から気になっていたフィールド

「岡山県牛窓沖」

 

小豆島も近く、真鯛などの魚影も濃く

船からの実績も、非常に高い。

 

一週間前に、まぁ良くある思いつきで

釣行が決定し、11月24日、佐藤と2人で

牛窓沖の現場検証に。

 

午前6時の出船時間に合わせ、まだ暗い

早朝に、2号線を東へ。

 

今回お世話になったのは、「まこと渡船」

 

放射冷却の影響か、体感気温マイナスの中

フカセ師軍団に混じって、前島へ。

 

 

 

着いてすぐ、上げがかなり流れていて、

 

「これ釣れるじゃろ」

 

と、2人で胸躍らせながら準備を、、、

 

 

まず、オレは船着きを。

「三笠テンヤ」6号COゴールド

 

そして、佐藤は船着の右の反転流を。

「三笠テンヤ」5号塗装無し

 

 

が、2枚潮っぽく?違和感があったので

東へ50mくらい離れた所に、ポイント変更。

 

ここは、50m沖の水深が20mちょっと。

 

本流が、ガンガン流れているので

ショアでの天敵、糸フケがヤバイw

 

この水深で、約2ノットくらい流れがあり

おそらく、現時点のタックルでは

掛けられる限界を、超えている感じが、、、

 

案の定、真鯛のアタリが連発するも

糸フケにより、フッキングパワーが

思ったように伝わらない。

 

今思い起こせば、8号を使っても

良かったなと、、、w

 

中には、良いサイズらしき真鯛が

アタックするも、ガッツリ掛けれない。

 

そんな中、やっとこさ、35㎝くらいの

かわい子ちゃんをGET。

 

が、手前の掛け上がりを越すのが

かなりしんどい、、、

 

まぁ、このサイズが釣れても、めっちゃ

嬉しくて興奮できるのが、ショアだね^^

 

 

一方、船着横の反転流付近を釣っていた

佐藤に、大型がヒット!

 

するも、あえなくフックオフ、、、

 

 

 

さらに、良型は掛からないが、チャリコは

紙一重で、孫針に掛る、、、w

 

 

 

そして、船着横で釣ったいた佐藤だが

アタリが無くなったので、オレが釣っていた

場所に移動し、2人で探る。

 

で、本流が緩みかけ、油断?したその時、

 

「来ましたーー!」

 

と、叫び声が、、、

 

振り向くと、強靭なパワーをほこる

「VRKS-LV1」が、ギュンギュン曲がっている!!

 

 

そこから、固定で動画撮影していた機材を

手持ちに変え、一部始終を録画。

 

録画しながらでも、その獲物の大きさは

尋常じゃないと伝わるほど、、、

 

完全に、主導権は向こう側にあり

それに、耐えることしかできない様子。

 

一度は手前に寄せてくるも、潮に乗って

下流に泳ぐ大物。(大型真鯛だと思う)

 

が、すぐに反転し、今度は悠々と

上流に登りだす、、、w

 

かと思うと、沖に向きを変えたので

これはいける!と思った矢先、一気に

手前に方向転換する!

 

そう、手前は、かなりキツい掛け上がりで

根ズレの可能性が大。

 

案の定、その根でラインブレイクし、まだ見ぬ

大物は、嘲笑うように海底へ消えた、、、

 

 

運もあるかと思うが、どうにもならない

サイズだったのは、間違いない、、、

 

その動画は、佐藤が持っているので

どこかで公開するのでは?!

 

 

で、徐々に上げが緩み、真鯛からのチェイスは

完全に無くなった、、、

 

 

そこから、船長が迎えに来てくれ

次のポイントへ。

 

可能性がありそうなポイントを、2箇所ほど

磯替えしたけど、ビビるほど、根掛かり地獄で

本日の現場検証は終了。

 

まだまだ、面白そうなポイントは

あると思うので、再チャレンジしよう。

 

 

最後の磯で、カップラーメン食って

昼寝して時間を潰したが、案外楽しかったw

 

下の画像は、外国の荒野にポツンとある

湖みたいだけど、牛窓沖の磯だよww

 

 

 

今回の現場検証で、さらに可能性が

広がったと確信し、手応えバッチリ!

 

また、前回の「武者泊」、今回の「牛窓沖」

を通じて、やはり、オフショアと一緒の

タックルでは、限界があると感じた、、、

 

その辺も、修正、再検証して、あなたに

共有するので、お楽しみに^^

 

リールが、重要な“鍵”になりそうだ、、、

 

牛窓沖には、今年、もう一回行こうと

思っているので、乞うご期待!

 

じゃ〜ね〜♪

 

-----------------------------------------------------

 

「エビズレン」 「三笠:MIKASA」

「ワムズレン」などをリリースしている

プロダクトメーカー。

 

製品情報、お知らせ、販売店様情報は

以下からチェックしてね。

 

⇒ V.I.SOUL公式サイト(ブイアイソウル)

 

⇒ V.I.SOUL動画チャンネル

 

⇒ V.I.SOUL Facebookページ

 

 

まこちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス