image

image

 

 

 

 

4日(火)

アニメニュースを扱うドイツanime2you.comが、延期に延期を重ねていたドイツスイスオーストリア無限列車編公開日が5月20日になったことを発表してますね。

 

 

 

 

 

こちらもアニメを扱うドイツanimenachrichten.comでは、5月19日にまずはオーストリアで公開され、ドイツスイスがつづいて5月20日に公開されますと紹介されてます。

さらに重要なことが書かれてます。

「ドイツではドライブイン・シネマ(車に乗りながら映画を観る)や、オープンエア・シネマ(野外で映画鑑賞)からスタートします。お近くにこれら対応のシネマがなくても、7月から映画館が再開されれば観られるようになります」と、まとめてますね。

オープンエア・シネマ、ドライブイン・シネマの映画館自体どのくらいあるかわかりませんが、無限列車編を観られる動員数は限られたものになりそうです。

 

 

 

 

 

 

アニメニュースを扱うドイツ/ミュンヘンPepperAnimeの公式Twitterで、最初に公開するエリアを発表してます。

このポイントのエリアを調べてみました。

フランクフルト(人口:72万人)

デュッセルブルク(人口:62万人)

ヴィースバーデン(人口:56万人)

ミュンヘン(人口:140万人)

この4つのエリアから上映されていく形になるみたいです。

「20日からもっとたくさんのエリアで上映されます」と、紹介されてるのでこの4つのエリアは先行上映されるということですかね。

この情報に多くのドイツスイスオーストリアの方々が反応していますね(∩´∀`)∩

ーーーーーーーーーーーーーーーー

image

ドイツのサッカーリーグ:ブンデスリーガでほとんど知ってる都市名が出てきてますね(゚∀゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカ/グアムの映画館micronesiamallが公式Twitterで、7日から無限列車編公開が開始することを案内してますね。

micronesiamallを調べてみたらグアムにある大型ショッピングモールで、その中に映画館があるみたいですね。

さぁ、ついにアメリカ本土からグアムへと渡ってきましたか🎶

楽しんでもらいたいですね(゚∀゚)✨

もしかすると、グアムで公開されるということは同じ時期にハワイでも公開するかもです👍

 

 

 

 

 

 

 

 

メキシコの配給会社KonnichiwaFestが公式Twitter、Facebookで、「無限列車編の興行収入はメキシコで3位、他の中米のエルサルバドル、ホンジュラス、グアテマラ、コスタリカでは2位。私たちの心は燃え続けてます!」と、紹介してますね。

ここに7日からカリブ海8日エクアドル13日からブラジルでの公開が始まるのでまだまだラテンアメリカでの無限列車編の勢いが収まることはないです!!

これに対して多くのコメントが寄せられてますね(゚∀゚)🎵

ーーーーーーーーーーーーーーーー

image

image

 

 

 

 

 

 

 

 

鬼滅の刃USAアメリカ公開初の週末ランキング1位を獲得した無限列車編について、「今週末、アメリカで1番の映画となりました。無限列車編をご覧いただきありがとうございます。」と、紹介しています。

久しぶりにアメリカの反応コメントをアップしていきます(゚∀゚)

ーーーーーーーーーーーーーーーー

image

 

 

 

 

 

アメリカの配給会社FUNimationも公式Twitterで、「皆様のおかげで無限列車編は今週末に映画ランキングで全米1位を獲得しました。興行収入3400万ドル」と、紹介してます。

これに対しての多くのコメント集はこちらです(゚∀゚)✨

ーーーーーーーーーーーーーーーー

image

 

 

 

 

 

 

 

 

映画情報を扱うフランスSeriesUpdateFRが公式Twitterで、「文化大臣は映画館再開にあたって、5月19日に35%、6月9日に65%、6月30日に100%の座席開放を設けることを発表しました」と、案内してますね。

19日に35%ということは、日にちを分けて座席予約争奪戦が毎日起こりそうな感じになりそうです(;^ω^)💦

これで入場特典があればずっと座席予約出来なかったフランス人が起こりそうな展開になりそうで・・・(苦笑)

 

 

 

 

 

 

 

アニメを扱うイタリアdailynerd.comが、PSストアで無限列車編が誤って流出した件について記事をまとめてます。

「PSストアで鬼滅の映画が販売されているという情報は、想像通り、短い時間の中で世界中に広まり何千人ものファンの好奇心を呼び起こしました。確かに、多くのアメリカ人がこのおいしいチャンスをモノにし、Web上で多くの違法アップロードが出回りました。映画の販売は数時間後にオンラインから削除されたが、すでに被害は発生してました。いまのところアメリカのアニメ配給会社のfunimationから、この誤った販売について説明はありません。今後のニュースがあればまた更新します」と、紹介しています。

その際はここのブログでもまた紹介していく予定です。

説明はもちろんのことですが、莫大な損害が出てる以上この一連の不備についての謝罪も当然あると思うので。

 

 

 

 

 

 

Twitterでアメリカ人による無限列車編の違法アップロードや、違法視聴を勧めるツイートに日本アニメの未来のためにも注意して訴えているんですが、全然響いてなくて悲しいです(◞‸◟)💧

アニメの文化や歴史が違うというのもあるんですが、欧米では「アニメはお金払ってまで視聴するもんじゃない。無料で見て当たり前」という考えがあるのが話をややこしくしてますね。

 

海外でのアニメ市場はいま現在で1兆2000憶円で、これがもう10年後には2~3倍に膨れ上がってるという専門家の予測です。

海外といってもほぼほぼ欧米で占めてますが、だからこそいまのような違法視聴は当たり前という歴史を変えるときなんですよね。