今年の県医師会医学講座
 


子宮頸がん4価ワクチンは昨年4月に
公費再開されましたが日本の接種率は
欧米に比べ極端に低い、という事で
私たちドクターからの啓蒙が必要という
狙いも込めてのテーマ


熊本大学産科婦人科学の近藤英治教授
「子宮頸癌と妊娠」

 


私は専門分野ではありませんが
司会と座長を仰せつかり💦

 

 

子宮頸癌はほぼHPVウイルス感染によるもので

初回性交から4、5年で50-60%が感染し

その0.15%程度が癌になる。

よって20歳台でも発症しやすい癌の一つ。



現在4価ワクチンが公費助成であるが

4月以降に9価ワクチンが

接種できるようになれば

90%子宮頸癌は抑えられる、という内容。

 

 


副反応で接種控えとなり

接種していない若者が熊本県だけで6万人、

今後は海外のように男性にも接種対象を広げていければとのこと

(男性にも中咽頭癌や生殖器癌を抑える

作用があります)

 

 


コロナなどと比べてはるかに効果的な

ワクチンであることは間違いありません。

接種控えが数年続いただけで昨年から

子宮頸癌罹患率は再上昇しているのです。

 


HPVワクチンと20歳からの子宮癌検診を

きっちり受けることが最も大事。

参加者からもどうすれば接種率を上げられるか

多数の質問、ご意見が出ておかげさまで

盛会となり‥‥ホッと一息😊



 今接種するか9価が出てから接種するか

迷うところですが

小学6年生から高校1年生までの女性の親御さん、

そして接種を控えていた対象者の皆さん、

ワクチン接種を前向きにお考えくださいませ!




熊本で みみ、はな、のど、アレルギーは