少し遅くなりましたが、

人生初の入院のご報告。

 

 

9月に入ってから数日咳が続き

薬を内服しても全く改善なし。

仕事柄コロナ抗原検査を3回行うも陰性、

PCRも陰性でしたが、

ある時急に息苦しくなり採血をしたところ

白血球18000、CRP5.5 と高値。

慌てて知り合いのドクターに相談し

CT撮影にて重症肺炎の診断で

即入院となりました。

 




入院中は毎日大量の点滴治療で

動くと呼吸困難、酸素飽和度が90%以下に

下がるため、酸素マスクをつけて

体位を変えながらの寝たきり状態は

本当に辛い日々でしたが…

入院先の病院の適切な治療と全身管理、

心温まる看護のおかげで2週間で

退院にこぎつけました。

 



現在は復帰し、長く話したり、

歩くと息切れがありますが

診療には何とか支障ありません。

ただ5キロの体重減、筋力低下が著しく、

手足は細くなり体力の回復には

かなり時間がかかるかも😩

 

 



幸い私だけが病に伏し、スタッフ、患者さん、

家族に何も問題なかったことは

不幸中の幸いですが、

突然2週間もの休診を余儀なくされ、

多くの患者さんはご迷惑かけ申し訳ない

気持ちでいっぱい🙇‍♀️

 



結構鍛えており体力には自信が

あったため日頃の生活習慣に

奢りがあったかも…

さらにこの3カ月激務続きで

無理がたたったと深く反省😮‍💨



自分は大丈夫だろうという考えを捨て

心と身体のケアを徹底すべき

年齢であることを自覚させられました。

 

 


突然の休診にもかかわらず

熱発外来や予防接種など

他医療機関の先生方はじめ役場の皆さんにも、

本当に快くサポートしていただきました(感謝)

 


患者さんからの数多くの問合せにも、

毎日スタッフが懇切丁寧に神対応して

くれていました(感謝)

 

 

入院中は主治医の熱心な治療はじめ、

行き届いたきめ細かな看護、そして家族、

友人からの励ましやアドバイスにも

元気づけられ明らかに回復が早まりました(感謝)

 


関わってくださったすべての方に本当に

感謝の言葉しか浮かびません。

 




人は1人では生きられず、

生かされていることを改めて痛感。


このご恩を忘れず、

生かされていることに感謝し、

今後は後悔なきよう自分のできることに

取り組もうと思います。

 

 

人は失って初めて、色んなものがどれだけ

当たりまえに自分に与えられているかに

気がつく……

今回の私もその一人。

 



人生に残された時間は限られている。

だから今この瞬間を大切にするために

全力を尽くさなければもったいない。

 

「今日の自分が人生で一番若いのだから!」






熊本で みみ、はな、のど、アレルギーは