人口減少

テーマ:
週末は経済の勉強会。
 
 
医学という閉鎖的な社会で
生きている私には
常識と思えるような事でも
知らないことが多々あり
本当に目から鱗。
 
 
 
その中で紹介された
漠然としか認識して
いなかった不動産の予想。
 
 
 
超高齢化社会、人口減少が
始まっており
国土交通省のデータでは
{418A10AB-25AB-4BF1-803B-EFDFB5E6DE10}

2050年には日本の人口は

1億人を切り高齢化率38.8%

 

 

2100年にはその半分になり

高齢化率なんと41.1%!

明治時代後半と同じ人口で

極めて急激な減少。

 

 

 

そこで問題になるのが

空き地、空き家問題。

 

 

人口が半分になると住居は

不要になり空き家が増える。

 

 

 

平成25年のデータで

日本の住宅戸数は6063万戸。

うち空き家は820万戸。

 

 

ところが10年後は空き家が

2300万戸に増え

約1/3が空き家に・・・

 

 

 

更に現時点で日本全国に

九州の面積より広い

所有者不明の土地が存在。

今後も登記、相続しない

地権者は増加しツケを次世代が払う・・

という構図が出来つつある。

 
 
 
つまり将来的には日本人の財から
不動産はなくなるという予想なのです。

 

 

 

そのような日本の未来を考えると

これから経済政策の

急激な変化が予想されその

転換期が今年2018年。

 

 

国の方針として超低金利の政策を

取っておりこれは国策として

金融資産から財をつくれ!という

サインを出している、とのこと。

 

 

 

そこからセミナーは深~い内容に

入って行ったのですが・・・・

 

 

 

 

いずれにせよ今を生きている

この現実のなかで

未来をしっかり予想し目標をたて

生き方、仕事のあり方を

考えていかねばならない

と痛感しました!

 

 

 

 

知らないことを知る、

ということは 

新しい自分を発見すること、

でもあり

経済の勉強もやるぞ、という気になる

充実感いっぱいの

セミナーなのでした!

 

 

 

 

熊本で みみ、はな、のど、アレルギーは
ましきクリニック