久々のブログ投稿です🙇‍♀️



梅雨に入り、コロナもやっと

落ち着き気味になってきました。

 

 

マスコミ取材も自粛していたのですが
8ヶ月ぶりにお引き受けしたのが

TKUの情報番組「英太郎のかたらんね」

 

MC田中洋平さんとのトークは
もう3回目です😁

今回のテーマは「加齢性難聴」について。

 


年齢とともに耳の奥(内耳)の蝸牛にある

音を電気信号に変える「有毛細胞」が

年齢とともに剥げ落ちて

 

高音が聞き取りにくくなったり

言葉がはっきりしない、つづわかりしない

というのが加齢性難聴。

 

 

20代後半から自覚してなくとも

聴力低下は始まっている、

というわけで洋平さんにも

聴力検査していただきましたが

年齢ほどではなくほっと

一安心されました!

 

 

終始なごやかな対談で

有毛細胞を大事に!

毛を大事にしましょう!

とお互い頭の方に

目が行ってしまい(笑)

 


情報生ワイドならではの

フランクな内容になっている・・・

はずだと思います。

 

16日朝放送ですのでご覧くださいませ。





 熊本で みみ、はな、のど、アレルギーは

 

 

 

 

 

 

 

開業医の勉強会MAF、今回のゲスト講師は
元超売れっ子AV監督の溜池ゴローさん。

現在は人間育成のコーチングを

全国で展開されており

今回のテーマも

コミュニケーションの取り方。

 

 

他者とのコミュニケーションにはまず

自分とのコミュニケーションが大事。

そのためには自分が主体的自信を持つこと、

いつも気持ちの切替えができることがコツ。



他者とのコミュニケーション能力とは

ズバリ

「また会いたいと思われる力」


そのために必要なことは

表現力(心と気持ちを伝える力を練習し鍛える)

感動力(いつも心を動かすよう演じる)




その中で助監督時代のお話がありました。


どうしても助監督の下積みが長く

何とか監督をしたいと悩んでいた時、

出演してくれていた女優さんからの

この言葉で目が覚めたとの事。


ただの笑顔ではダメ。

相手の心を引きつける笑顔とは

顔だけでなく身体も心も動かして「笑う」こと。




 

そしてなりきると決めた役の

お手本が明石家さんまさん。


助監督時代、楽屋である売れない役者の

衣装合わせをしていた時のこと。

明石家さんまさんがお付きを数人連れて

テレビ局の廊下を歩いているのに気づいた。

その役者は数年前にさんまさんのドラマの

エキストラをしたことがあるが勿論

さんまさんは覚えてはずはない。

彼は周りの静止を振り切って挨拶に行った。

「さんまさん、あの時はエキストラで出させていただきありがとうございました」

お付きの人たちは急いでるのに邪魔するな、

あっち行けと迷惑そうな顔。

しかし一番前を歩いていたさんまさんは

立ち止まり振り返って10年来の親友かのように

「あの現場におったんか、あん時は楽しかったな~

俺芝居下手やろ、だからこれから這い上がって

いつか共演してくれ、待ってるで!」

と満面の笑みで肩を叩いて答えてくれた。

その彼はボロボロと泣き出した。

 


そのとき自分はこうなると決めたそうです。

・いつも笑う(楽しいから笑うのではなく

笑うから楽しい)  

・みんなが疲れている時も誰より元気でいる

・みんなにエネルギーを与える

 

 

 

人の性格は変わらない?

いやいや性格は

「脳のパターン、癖」

 


「人は自分のなりたい役(性格)で

生きることができる!」

という目から鱗の講演なのでした。




この人こそ

また会いたいと思われる力を

持っている方。



 惚れられる生き方とは

人の心を動かす生き方。

見習わねばなりません!




本で みみ、はな、のど、アレルギーは



乳幼児発達支援事業である
月1回の楽育ママ塾第2回は7組の
親子にご参加いただきました!



生まれてすぐからの

抱っこ、授乳、そして食事のさせ方、

食材、姿勢などが将来の発達に大きく

関わってくる事をママ達に知ってもらい

楽しく楽に子育てしてもらう、

という主旨で


原朋子先生とのコラボで
定期開催しています。




今回は1歳未満の赤ちゃんが対象で
テーマは「すくすく育つ食べ方の秘密」



浅飲みにならない授乳、

その時の抱っこの仕方、

食材やスプーンの選び方など

多彩な内容で

その後は個別相談会。



皆さん子育てに関する

悩みが多々あるようで

たくさんの質問にお答えしました!




少しでも子どもたちの発達支援、

子育てママのサポートが

出来ればと思っています。


この様子は今回の

よつばだよりvol.20でも

ご紹介しています。






次回は4月21日木曜日13時から

テーマは

「よく眠る抱っこの仕方とタッチケア」

夜泣きがたいへん、あまり寝てくれない

など気になることあれば

是非ご参加下さい!



当院ではこれとは別に

毎週水曜日午前中は

子育て相談会を行なってます。

気になることあれば一度

ご相談くださいませ!



熊本で みみ、はな、のど、アレルギーは





暖かくなりすっかり春ですね!


昨日は4月下旬の気温で

花粉飛散が最盛期です。



今日は休日当番医。
ほとんどが熱発の方で8割が
車への往診になります😒


コロナ感染がまだまだ落ち着いておらず
すぐに結果が出る抗原検査は
欠かせません。

やはり症状の強い方は

このようにTのところに

ハッキリ赤い線が出ます。



皆さん軽症ですが家族内感染、

特に子ども世代に増えている

印象があります。







4車線化工事が進み

益城の街並みもだいぶ

変わってきました。



当院向かいに急ピッチで

建設中のコンテナビル

ましきにぎわい市場



ここに移転されるのでしょう?

とよく聞かれますが今のところ

その予定はありません。




移転先決まりましたら

すぐにお知らせしますね😊




熊本で みみ、はな、のど、アレルギーは









最近ブログの更新が滞ってます😨



実は本の執筆中で書くことが多くて
ブログから遠ざかってしまい🙇‍♀️



現在、執筆中の内容は


「いびきを自分で治す方法!」



いびきが重大な病気の危険信号。
いびきはなぜ起こるか。
いびきの原因を取り除く方法。
いびきを軽減させるトレーニング。
などを耳鼻咽喉科医師

独自の視点で綴ったものです。




現在6割程度完成しておりまだまだ
先は長いですがこれから出版社への
プレゼンなどを経て来年中に出版
出来ればと思っています。



その中でいびき解消のトレーニングを

紹介してますが、

いびき軽減のカギは



自分の日頃の悪い姿勢や癖をなくす、

体幹を鍛えて気道が塞がらない身体にする、

事です。




自分でも証明しなければいけませんので

日々ジムに通いトレーニング

おかげで身体が柔らかくなり

横腹の贅肉も少し減ってきて

いびきも恐らく軽減😅




花粉症の時期に入り

繁忙期に入りますが

身体も絞れて軽くなり

何とか乗り切れそうです。




熊本で みみ、はな、のど、アレルギーは