グレイヘアには3Dカラーで対応しましょう! | ingオオモリ【ショート・ボブ・柔らかいデジパー・オトナ女子ヘアは是非お任せください!子育ても楽しんでます!】

ingオオモリ【ショート・ボブ・柔らかいデジパー・オトナ女子ヘアは是非お任せください!子育ても楽しんでます!】

美容師になって20年以上、表参道~青山~原宿で過ごしてきました。メーカーとの薬剤開発や各種媒体への掲載多数。得意なヘアはショートやボブ、パーマはクセ毛風からしっとりデジパーが大好きです!ツヤとナチュラルなボリュームでマイナス5歳を叶えます!


テーマ:
 

 
 
ある程度年齢を重ねて来ると出現する白いやつ。そもそもの諸悪の根元が『白髪染め』というネーミングにあると僕は思っています!美容師同士では白髪染めと呼ばずに『グレイヘア』と呼んでいますが、確か海外でそう呼んでいたと思います。
 
 
この白髪染めという呼び方ですと、どうしても黒く染めるというイメージに直結してしまうのではないでしょうか。昔はカラー剤の種類も少なく、色味も限られたものしかありませんでした。今ではメーカーさんの開発により、色味も豊富でグレイヘアも明るく染まるようになりました!
 
 
 
 
そこで僕がグレイヘア世代にオススメしているのが、単色で染めるのではなく、ハイライトやローライトなども織り交ぜた【3Dカラー】でカラーリングしていくテクニックです!
 
 
例えば僕は毎回毎回全体を染めるようなことはあまりオススメしていません!月イチで毎回全頭をカラーしたらとんでもなく傷んでしまいますので、何回かリタッチだけして褪色が進んできたら全体のトーンを整えるように勧めています!
 
 
 
 
そして頭の部分によってもグレイヘアが多い部分があったり(顔周りや分け目周辺など)、少ない部分があったり(バックや襟足など)と、全体が同じコンディションでないのが当たり前なのです!
 
 
ということは多いところは多いなりに、少ないところはそれなりに対応すればいいということです!色持ちを良くすると同時に動きや立体感も出せるとしたら超お得だと思いませんか?顔周りのグレイヘアが多めな部分にハイライトを入れてあげれば褪色してきた時にハイライトに上手く馴染んでグレーヘアが目立ちにくくなります!そして動きまで出るのでまさに一石二鳥です!
 
 
ハイライトもメッシュというワードを連想される方もまだまだ多くいらっしゃいますが、要はどこまで明るくするかにかかっていると思います!キンキンのギャルメッシュみたいに抜いてしまえば派手になり過ぎますが、ベースの色よりも少しだけ明るくしてあげると自然な陰影がついて立体的に見えます!この明度コントロールがハイライトの命です!たくさんの薬剤を絶妙にブレンドしても、グレーヘアだからってベタ塗りして平面的になってしまうのは本当にもったいないです!動きと立体感に加え、【賞美期限】も長くなる3Dを是非一度お試しください!

MORiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス