5年生 秋季区民大会

テーマ:

こんにちは。

昨日は5年生の秋季区民大会でした!


8月から本格的に始まった区民大会に向けての練習、8月は2部練習週間や練習試合続き9.10月も毎週のように練習試合を組み、サッカーに励む日々。


初めはまともにボールを止めれず蹴れず状態、けど選手は真剣に練習に取り組んでくれた。

時には文句も言われ、選手同士の喧嘩もあり、練習試合で泣いた選手もいた。

全ては今日のため、そう自分に言い聞かせサッカーをしている選手が多かっただろう。


『本気になれる場所を作る』これを自分のモットーとして自分自身はやってきた。この3ヶ月、きっと選手たちは本気になれたんじゃないかな。


そして迎えた今日、『自分たちのサッカーをしよう』『悔いの残らないよう頑張ろう』と声を掛けて試合へ向かった。

初戦の前、選手と自分で円陣、今までで1番声が出てたかもしれない。


そしてベンチから聞こえる『俺出たいです』の声、出さないには気が重かった。

4年生なので少し躊躇はしたものの途中出場。

けどめちゃくちゃ頑張ってた。目に見えた。この出来事が1番感動したかもしれない。


そして惜しくも敗戦、けど今思うと負けて良かったのかもしれない。


確かに相手は江戸川区は勿論、東京都でもトップを争うチームで、うちはスタメンの約半分が4年生、それで挑むのは無謀だったのかもしれない。

けれど本気でプレーすることに意味があった。


8月から選手とサッカーに対して本気になれたことは本当に選手に感謝。ありがとう。


そしてこんな強豪揃いの予選リーグで良い経験をさせてもらいました。


自分がレオーネでプレーしていた頃、5年の時に6年の千葉杯に出場して準々決勝でFC85に0-5で負けたこと、そして6年生の時に千葉杯の1回戦で再び、しかも篠崎グラウンドでFC85に0-4で負けたことを思い出しました。


本当に応援していただいた保護者の方々には申し訳ない気持ちで一杯です。

ただこれで終わった訳ではないのでまだまだ上を目指し続けます。


本当に今まで熱い応援ありがとうございました!

そしてこれからも宜しくお願い致します!