『わたしは世界の医療を変えたい。』

その声が聞こえてきたのは5年前くらいの時でした。

 

いえ、本当は小さい頃から聞こえていたけど聞こえていないフリをしていた声でした。

 

それは本当に些細なこと。

 

小さい頃から、操体とお灸を営む治療院を両親がやっていたので、私は、風邪をひくと父の治療、熱を出すと父の治療=操体が当たり前に育ちました。

 

おかげで病院に行くことなく育ちました。

 

でも人間なので、無理をすると、熱が出たり具合も悪くなります。

 

そうするとクラスメートに

「保健室行ってきたら?薬飲む?」

 

会社でも

「薬あるよ!飲んだら?病院は行ったの???」

 

と言われる言葉が嫌いでした。

 

なんでわざわざそんなもの飲まないといけないのか?

 

しかも、大人になって薬の勉強してから

免疫の仕組みを知ってから

何もいいことはないことに愕然。

 

何で、みんな、当たり前に、「薬」「病院」っていうのよ!

が私の奥から怒り噴出でした。

 

でも、そんなこと言ってもバカ呼ばわりされるだけだし。

 

お父さんの治療を受けたら一発で良くなるのに〜

 

でも、お父さんは実の父。

 実の父を宣伝したら営業と思われたら嫌だから言えない。

 

みんな、知ったらいいのに〜

でも言えない。

 

そんなことを小さい頃からいつも感じていました。

ものごころついた時から。

 

時たま言ってみるけど

お父さんの治療受けにおいでよ〜というのも変だし。。

 

「うーん、困ったな。。。」の繰り返し。

 

その悩みはどんどん大きくなります。

 

症状で困っていると聞けばお父さんを紹介したくなる。周りからしたら、その人は病院でいいと思っているのに、本当に良い迷惑でしょう。

でも薦めたくなる。

 

しかも家にはいつも患者さんがいて、

ゆっくり自分時間を持つこともできない。

 

だからか、この仕事だけは絶対にしたくないと思っていました。

(あれ??)

 

そのはずでしたが、

会社員してみて(商社という言葉に憧れて商社に入り)

いろんなエステ渡り歩いて(痩せたくて・綺麗になりたくて)

いろんな手技療法受けて(癒されたくて)

いろんなマッサージ受けて(気持ちいから)

 

でもねなぜか、やっぱり、

お父さんの施術は世界一と思いまいた。

本気で(笑)

ただのファザコン!?笑

 

普通のサラリーマンだったのに、

健康を仕事としたいとは微塵たりとも思っていないのに、

ただのファザコンだからか?笑

いえいえ、自分の葛藤を解決したくて、

トータル約100万くらいかけて学んだ自立医療やホリスティックセルフケアー講座では、なぜ医療が入らないのかという仕組みや自然治癒力の仕組みを学びました。

 

そうすると、やっぱり再燃するのです。

 

私の気持ちが。

 

『世界の医療を変えたい』

 

という気持ち。

 

それをキラキラとやっている先生を見ればみるほど私もやりたいと思う。

いえ、私はやれると思ったのです。

なぜ、私はやれるのかと思ったのか。

 

理論を学ぶのは大切。

 

でも、実際に健康であることがもっと大切。

 

それを伝えれるのは私しかいない!

とさえ思いました(笑)

カリスマ講師を目の前に心の中で思ったこと(笑)

 

施術では、わたしができる人数が限られている。

小さい頃からお父さんの施術を紹介するのは

お金もいることだし提案することに葛藤がありました。

 

それだったら、自分でできるのが一番なのではと

小さい頃から、ずーっと思っています。

 

 

自分でできれば、身体がしんどくて動けない時、

自分でできる。

そしたら、薬や病院に頼る人も減る。

副作用で悩む人も減る。

 

 

私は世界の医療を変えたいから。

 

 

世界の医療を変えるために必要なことは

 

”自分の身体を自分で整えること”に

尽きると思っています。

 

そして、少し元気出てきて、外にでる元気が出てきたら、プロの力を借りるのはすごく相乗効果を発揮すると思うのです。

 

美容のためだったらエステに行けばいい。

 

健康・治療のためだったら相性の合う先生を見つけて

そこで治療を受ければいい。

 

一番のオススメは、手前味噌ながら、

実の父の施術や私の施術ですが(笑)

 

でもなんだっていいと私は思います。

 

この方法じゃないとダメということはないですし、相性合う人・手技・好みが一番なので、きちんと自分のために時間をお金をかけて行って欲しい。

そのプロセスが大切だと思っています。

 

 

ただ、なぜ私が、施術を行っており操体にこだわっているのか

私が提供する操体は身体の根源をご自身で整えるケアであることに惚れ込んでおり、そこの真髄が素晴らしいと思っているからです。

 

 

ご自宅で再現いただくセルフケアも施術で提供されていたくものもどちらもその原理が組み込まれています。

 

 

そして、何より素晴らしいのは、

ご自宅で再現できること。

 

しかも短時間で布団の上でできちゃうのですから

 

 

メンテナンスだったら

ヨガ・ピラティスでもいいですよね?

 

と思われましたか?

 

ヨガもピラティスも大好きでとっても気持ちが良い。

自分を満たす時間で私も時折利用します。

 

最近よく聞くマインドフルネスとかも

気持ちよさそうだなと思っています。

(マインドフルネスはまだ未経験)

 

 

余談ですが、治療とか美容とか手放して

ただただ好きなことをすることが

最短の健康法だったりもしますが。

 

スナック菓子を食べたくてたまらなくて

死ぬ前にやりたいことがスナック菓子を

食べまくることだったら、今すぐ、

スナック菓子100種類くらい買ってきて

食べたらいいと思います。

 

絶対、元気になるから(笑)

 

話が逸れましたが、私はなんだっていいと思います。

その人が健康でその人らしく活き活き生きることが出来るのなら。

 

 

でも、私は、

 

もしその人らしく活き活き生きることができていないとしたら

本来の魅力が隠れてしまっていたら

なんだかわからないけどもやっとしていたら

もう少し身体のこと真剣に考えたくなっていて

相性の合う治療家を探されていたら

 

私はあなたのお役に立ちたい。

 

 

身体を整えるってバカにしちゃいけない。

 

身体は整えてこそなんぼです!

 

「私冷え性です」と自慢している場合ではありません。

 

あなたの魅力が十分に発揮できるだけの体力が

あなたに取り戻されたらいいなと思っています。

 

病んでいる時はからなず身体も止んでいます。

 

あなたの身体が本来の状態に取り戻された時、

あなたの嗜好は変化します。(食べ物だけでなくライフスタイル全般です)

 

その時、スナック菓子も美味しくないかもしれません。

(美味しいこともあるかもしれません)

 

 

操体を知って、その上で、いろんな美容法を

すると身体の変化は確実に違います。

 

操体は操体として、知って欲しい。

 

 

その積み重ねの先に、

本当の健康が

本当の美しさが引き出される

 

そしてそれが、

世界の医療が変わる。

 

 

だって、健康だったら病院にもいかないし

薬も飲まないのだから。

 

周りが元気でよろこびにあふれる社会にだったら

争いごとも減るし穏やかな世界作りに関わりたい。

 

私の中では、操体を伝えていくことは、

ただ、健康法を伝えているのではなく、

世界貢献とすら思っていますニコニコ

 

ありのままの私はのんびり

カフェでコーヒーを飲んで、一人すすっていたい。

大好きな人と笑って過ごしていたい。

そしてできるならば、マッサージなどは

自分がする側ではなくされる側でいたい。

それが私の本音だったりもします。

 

でもなぜ、操体をしているかというと、

自分の気持ちが奥底から灯っていることを気付いたから。

 

『世界の医療を変えたい』

 

いえ、それ以上に


『目の前の人を幸せにしたい。』

 

という気持ち。

 

 

だから今日も伝えていきます。

一人でも多くの方の”本来の健康”が開花できることを願ってニコニコ