日本アメリカでの俳優としての活動の違いについて。

 

まず大きな違いは、日本は事務所がタレントという商品を売って商売をします。

大きな事務所に所属するハリウッドのスター達は例外に置いておいアメリカの多くの俳優は自分で自己プロモーションをして仕事を自分で取ります。

 

日本の業界にいた時の事を思えば、マネージャーという人達は本当に大変だなぁーと思います。細かい内部まではここで話せませんが。日本のマネージャーさん達は凄いと思います。

 

日本ではタレントという商品を事務所、マネージャーが取引先のプロダクションへ売り込んで仕事を取ってくれるというケースが殆ど?というくらい多いです。

逆にアメリカはタレント自身がフリーランサーの個人事業主なので、事務所やマネージャーと提携し、仕事を取ったら収入から手数料を支払って契約やお金の手続きをしてもらいます。(確定申告などはもちろん自分でやります)

 

僕の場合はエージェント(事務所の人)とフリーランスで契約しているので、その場合は彼からもらったオーディションに行き(時にオーディション無しでも)仕事を取った時彼がお金などの事はやってくれるので、仕事が終わってから手数料を引いたPay check(小切手)が送られて来ます。

こういうエージェントの場合は、そこを通して取った仕事の場合のみ手数料を支払います。

 

アメリカでのマネージャーというのはまた別で、個人契約でマネージャーとして自分を売って仕事を取るために一緒にプロモーションを手伝ってくれます

マネージャーが付いている場合は、他にエージェントを通した通してないは関係なく自分のした全ての仕事から彼への手数料を支払います。

 

エージェンシーからマネージャーが付く場合もあってそれは契約の事もあり又別の話。

**日本のマネージャーとは僕の知る限り全て事務所の社員なので、こちらの方。

 

俳優を始めた人は皆んなエージェントやマネージャーが欲しいとよく言っています。

 

それらをつける為の方法も色々ありますが、長くなるので書きません。

 

日本の様に事務所に守られているという事がない分、個人で仕事を取るのも大変ですし不安もいっぱいですが、その分自分で自分自身という役者を育て上げてプロモーション出来るというとてもやり甲斐のある事だと思います。

 

可能性は無限大!そしてそれを活かすも殺すも自分次第なのです!

 

俳優として演技をする上でも自分自身をよく知ることがとても大切なのです。

自分という商品を分かっていなければ、それを売ることも出来ませんしね。

 

だからかな、アメリカの俳優は常に演技の勉強をし自分を磨き更にチャンスを掴み取るために積極的に動きまわっています。

 

僕自身は、芝居の勉強はもちろん、イベントやビジネスセミナー、パーティーなどに参加したりして沢山の繋がりを作ることを大切にしています。

 

自分の知らない世界を見て勉強して色んな人の話を聞いて、自分の世界がどんどん広がり、人生が輝いていく気がします。笑

 

まさや

Website

Facebook

 

 

今度は俳優としてビジネスする為の必要なツールについて書いてみようかなぁ。