あらき鍼灸整骨院スタッフ、佐藤のブラックボード更新です!

 

『元気不足を感じたら黄色い食材を食す』

 

中医学において、黄色い食材は消化を担う胃腸系を癒すといわれています。

 

胃腸系が弱ってしまうと食欲が落ちて軟便や下痢になり、元気がなくなります。

 

黄色い食材とは・・・

 

さつまいも、とうもろこし、かぼちゃ、栗etc...

 

 

黄色い食材のうち、さつまいもは胃腸系の不調にオススメ。食欲不振や軟便がある場合は補助的に焼き芋や干し芋を食すと良いそうです。

 

また、特にお子さんは胃腸系の発達段階にあるため、負担になりやすい甘いチョコレートや冷たいアイスは極力控えて自然の甘みを味わえる、さつまいもやとうもろこしをおやつにするのもオススメです。

 

黄色い食材や自然の甘みの食材を摂って胃腸を労わってみてはいかがでしょうか?