胸やけや膨満感。

 

これらの症状は自律神経が乱れて交感神経が活発に働くことによって、胃の働きが弱っている時に起こります。

 

反対にもっと消化を良くしようと胃酸を沢山出しすぎてしまうこともあります。

これは胃のむかつき、胃痛の原因になります。

 

胃酸は少なすぎても、出すぎても胃に対してダメージを与えてしまうのです。

 

さらに胃酸が逆流した場合、逆流性食道炎になり胸がやけるような強い痛みを伴うこともあります。

 

胃にダメージを与える食べ物として砂糖や油を多く使っているもの、香辛料、塩分、酸味の強いもの、冷たいもの、アルコールやカフェインなどの刺激物が挙げられます。

胃の働きを改善するには上記のような食べ物を避け、リラックスして副交感神経の働きを良くして環境を整えるなどが効果的です。

 

大根おろしは胃粘膜を保護する効果があります!