子供達を変えるにはどうしたらよいか? | 奈良學進会塾長のブログ

奈良學進会塾長のブログ

ブログの説明を入力します。

今日、卒業した男の子から、ラインが来ました!

先生コピーさせて下さいという内容でした。

彼は、中2から奈良學進会に友達の紹介で入塾してくれましたが、やる気ナシ 言う事聞かない 宿題もしない子でした!

私も堪忍袋の尾が切れて腹が立って怒鳴りつけた事もありました!
しかし、そんな事をしても彼は変わりませんでした。

悩みました。

どうすればわかってくれるのか?

悩みました

そんな時、you tubeである方のセミナーの動画を見て、眼から鱗です!

自分が間違えてました

他人は変えられない

自分が変わらないと

それから私は彼を受け入れる事にしたのです

つまり彼を承認したのです

彼はそれから段々と変化があらわれました

私の言葉を受け入れてくれるように感じました

男の子は中々自分の思った事を表現するのが下手くそです!

しかし、文字では自分の思った事を伝えられます

それから彼は私にラインをしてくれるようになり

休む時も遅れる時も素直に言ってくれるようになりました

そして志望高校に無事合格し照れながら合格したと

本当に感動の瞬間でした

そして今日コピーさせて下さいとラインが来た時
嬉しかった!

コピーを口実に私に会いに来てくれたのだと

あれほど中学の時は、寝坊して遅刻してた子が

今高校に入って、ちゃんと早起きして学校に行ってますと

学校が楽しいですと

私は、その言葉が聞けて本当に感動しました!

中学生をお持ちのお母様方に是非実践してもらいたいのが

子供達は、我々の言動で変わります

上から目線で、宿題したの?ちゃんと勉強したの?
というマイナスの言葉は勉強嫌いな子にしてしまいます

子供達は我々大人を見て育ちます

そして一番身近なお母さんの影響が大きいです

自分を変えないと子供達も変わりません

他人を変える事は出来ないからです

たとえ親子関係でもです

我々大人は、もっと学ぶ必要があります!

お母さんが楽しく学んでいると子供達も勉強好きになります

お母さんが本好きだと子供達も本好きになります

人を変える前に自分が変わり続けないといけないと改めて感じた日でもありました

その為には常に学び続けることが大切であると考えます

これから私はお母様方と一緒に学ぶ空間も作っていきたいと
思っています^_^

その時はよろしくお願いします!