乾燥の季節。クセはおさまってますか?

10月~12月は縮毛矯正のリペアの時期です。

年2回かける方だと、梅雨前と年末前。

年2回の縮毛矯正ですが季節が大きく違ってます。

湿度のある季節と湿度の無い季節になります。

これはヘアケアにとって大きな違いです。

 

季節によって、

ストレート施術は分けてますか?


クセが出る季節と出にくい季節。同じ施術をされてますか?
これからの季節は乾燥のダメージが考えられますね。
洋服にボリュームが出ると髪も巻いてボリュームを出したくなる。
ってことは、ヘアアイロンやコテによるダメージも考えられます。
 
ヘアサロントラヴィスでは、髪のクセをおさえるのか、
まとめるのか、伸ばすのかを大事にしてます。
髪質を季節に合わせてチェンジする事をお勧めしてます。
もちろん、使用薬剤や施術内容はガラッとかわります。
 
 

じゃ、乾燥の季節にいいストレートは?

 
髪質やライフスタイルによって、全然違います。
 
ただ、今年の初め頃から
傷まない酸性の新しいストレートパーマや
縮毛矯正を勧められた方が多いと思います。
最近、流行りの薬剤です。
上手くいく人とそうでない人で真っ二つに分かれる薬剤です。
まだまだ、メジャーでないです。
何年か前の原料展でサンプルを発注しました。
なかなか、クセのある原料でした。
ブラジリアンストレートなんて言われているものです。
髪から水を抜くストレートです。
 

酸熱ストレート?


そんな名前で呼ばれていたりします。
またトリートメントとかにも使用されてます。
「グリオキシル酸」
こいつがメインの施術は、季節によって仕上がりが全然違います。
施術後、出来れば3日間、水を避けてほしいのです。
そう、湿度もあわせて避けてほしい。
正直に言うと、、、
  • 3日間洗わないでほしい。
  • シャワーキャップをかぶってほしい。
  • 雨の日は家にいてほしい。
  • 加湿器はつけないでほしい。
  • 湿度の多い日は、ストレートアイロンをかけ直してほしい。
こんなお願いをしたいのがグリオキシル酸の特徴です。
逆説的に言うと、
乾燥の季節にしか本来の効果を発揮できないのが
グリオキシル酸のストレート。
しかし、グリオキシル酸を使ったストレートは、
梅雨時期の縮毛矯正のアルカリで傷んだ髪には
優しい場合があります。
ただし、キューティクルがある人限定です。
なので、多少カットできる方には季節的にお勧めです。
 
 

酸性は傷まない?


酸性だからって髪が傷まない事はないです。
特に、グリオキシル酸はpH 1ないかも。
だから、胃酸や塩酸みたいなもの。
とくに胃酸は食べ物(タンパク質)を分解する事が出来ます。
結論、pHによって傷む可能性があるのです。
 
また、退色は激しいです。
カラーも考えに入れておくのがベストです。
 
 メリットとデメリット

メリットは、ツヤツヤになる。
柔らかくクセが落ち着く。

デメリットは、そんなにクセが落ちないかも。
次のシャンプーまで、
クセが伸びているか分からない。
だから、次の施術が重要です。

何をお願いすればいいのか?

もう、分からなくなりますよね。

そんな時は、、

 
 

 

 

プラウドヘアケアメソッドです!
季節に合わせ、
ライフスタイルに合わせ
貴女の髪質に合わせ
貴女らしい美しい髪へ
髪質を改善していきますよ!
 
さあ、予約はこちら!
 
 
とりあえず体験や話しを聞きたい方は
【初回お試し体験コース】『プラウドヘアケアメソッド(R)』+カット
 
時間をかけてじっくり髪質を改善したい方は
「プラウド ヘアケアメソッド+カットカラー」【Proud hair care method】
別にカラーじゃなくてもOKです。
 
トラヴィスに通っている方は
カウンセリング Proud hair care method
【プラウド ヘアケア メソッド】
こちらをメニューにプラスして予約してください。
 
 
 
墨田区錦糸町オリナスの近くの美容院

ヘアサロントラヴィス

質問や求人に関する事はこちらまで!

ヘアサロントラヴィスのLINE@
友だち追加








人気ブログランキングへ