兵庫から仕事で島根へ数日行ってたので複雑ですが・・・。滞在した民宿の女将さんも感染は怖いがお客さんがこないと生きていけないと、、、。その町は一人も感染者が出ていませんでした。私は神戸ナンバーの車輌でしたので、飲食店などで食事したりする時に何か言われたりするかなーって少し気になっていましたが、その地域の方々はよそ者と分かってても「どこから来た?」とかコロナの話題には一切触れられませんでした。ちょうどゴルフの松山選手がメジャー制覇した時でした。気さくな老夫婦の小さいお店で食事しましたが、そういった話題のみで穏やかな時間が流れる空間でした。世間的には県跨ぎの移動は批判対象ですが、お仕事がある限り動かなければ社員を食わせていけません。頑なに何もせず縮こまるんではなく、行動は起こすべきであると思います。このままではジリ貧です。国や政府は当てに出来ません。感染対策は行いつつ、活動すべき。だと思います。