今日で東日本大震災が発生し8年の歳月が経ちました。関西圏に居ると直接被災地の現状を目の当たりにすることが無いので、実感としては、もう8年も経った、はやいな~。って感じてしまします。昨年の今頃の時期に、福島の方に仕事で行く機会があり、やはり被災地をこの目で見てみたいとの衝動にかられ、帰る時間を遅らせて福島の海岸線迄行ってみました。不自然なほどに整地された堤防や、区画。そしてどこにでもある様な浜辺に海。穏やかに時間が流れている平和な雰囲気でした。

以前、読んだ本であったフレーズ。「見たこともない様な光景とは、起こり得るがゆえに、見たこともない様な光景って言葉が有る」ってフレーズが衝撃的で、見たこともない、感じたこともない、聞いたこともないって言葉は、そういう事柄は常に起こる可能性が有るんだと、だからそういう言葉が有るんだ。って強く感じる様になりました。

どんなに心配してみても、不安に感じていても、未来は誰にも分らない。でも所謂「想像を絶する出来事」に対し、想像出来れば、耐え忍ぶことは出来ると思う。防災に付いて考えることは、現場での事故災害に対する対策にもつながるし、危機管理をより一層強めていかなければ思います。