完成!!ハミルトン950 | 吉祥寺の時計修理工房「マサズパスタイム」のスタッフブログ

吉祥寺の時計修理工房「マサズパスタイム」のスタッフブログ

パスタイムのスタッフが週替わりで日々の作業や、趣味などを綴っていきます。


テーマ:

こんにちは!!

佐々木です。

 

前回に引き続き、ハミルトンのレストアについて書いていきたいと思います。

 

この前のブログで、如何にこの時計がボロボロだったかお分かりいただけたかと思います。

あんな状態の時計でしたが、どんな風に変わったかご紹介したいと思います。

  

 

上の写真はシャトン付きの穴石の写真です。最初の時点でたくさん割れていましたので、それらを全て製作・交換しました。

正直、一度にこんなにシャトンを作ったことが無かったので疲れましたね(笑)

 

あとは天芯の製作交換、香箱の穴詰め、針の青焼き直し・・・etc

沢山の処置を行って地道に直していきました。

 

そして待ちに待った(?)完成写真がこちらです!!

 

 

 

どうでしょう?!

 

個人的には、修理前とは見違えるように綺麗になったんではないかと思います。

スワンネックなどのスチールパーツは錆びが酷かったし、ネジも全体的に溝がボロボロでしたので、全て綺麗に研磨し直しました。

でも角穴車や丸穴車、それから地板や受け板といったメインの構成部品が傷んでなかったのは幸いでしたね。、

そういったところは、後から仕上げ直すわけにいきませんから。

 

 

実は最初、部品の研磨仕上げは修理の予定に入れていませんでした。

でも出来上がった時計の画像の見映えがあまり良くなくて、、、親方には 「あれだけ大見栄を切ったんだから、さぞかしバシッと仕上がるんだろうな?」 とプレッシャーを掛けられて、、、慌てて研磨開始(笑)

 

それから朝晩、空いてる時間に少しづつちょこちょこやって、なんとか今回のブログに間に合わせることが出来ました(^_^;)

 

 

なにはともあれ、出来上がると達成感がありますね!!修理中の疲れが吹っ飛ぶ気がします。まあ、気がするだけかもしれませんけど(笑)

 

それでもあれだけジャンクみたいな状態だったものがこうして快調に動くと、とても嬉しいですね。 

精度も、余裕で日差10秒以内に入っています!!

そして何より、あんなに壊れていても修復が可能なアンティーク時計に、改めて感服しました。

 

 

さてさて、何10時間も手を入れてすっかり生まれ変わったこの 「ハミルトン950」

この仕上がりで、なおリーズナブルな価格で販売しています。

 

iAp-2090 ハミルトン950

 

気になる方は、是非お早めにお問い合わせ下さいませ!!

 

 

それでは今回はこの辺で

さよならー

 

 

 

マサズパスタイム ホームページ

☆Twitter☆
☆Youtube☆
☆Instagram☆

☆Facebook☆

マサズパスタイムスタッフさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ