接着剤 | 吉祥寺の時計修理工房「マサズパスタイム」のスタッフブログ

吉祥寺の時計修理工房「マサズパスタイム」のスタッフブログ

パスタイムのスタッフが週替わりで日々の作業や、趣味などを綴っていきます。


テーマ:

どうもこんにちは!

真下です!

 

これから花粉のシーズンが到来しますね。

花粉症の人は1年で1番辛い時期ですよねー。

かくいう私も花粉症なので今年は花粉が少ないことを期待しています。

噂では、めっちゃ多いらしいですけど(笑)

 

さて今回は、先輩からよく耳にしていた「接着剤を使って修理をされている時計」に出会ったので紹介します。

 

こちら、2番車の下ホゾ(地板側)の穴石です。もともとこの穴石は伏せこみ式の仕様なんですが、接着剤で固定されていました。

石を覆って固定している縁の部分がめくれて無くなってしまっているのが分かります。

おそらく誰かが分解中に石を割ってしまい、やっつけ仕事をしたのでしょう、、。

 

最初は油が汚れて固着してるのかと思いましたが、よく見てみると石は傾いてるし、厚みも全然合っていない。

「あ!これが噂の接着剤修理か!」

と、ちょっと感動しました(笑)

 

それでも何とか時計は動いていましたが、、石が傾いているのは車軸の抵抗も大きいし、そもそもこれじゃあ洗浄しただけで石が外れる可能性もあります。

何はともあれ直さないといけません!

 

しかし、単純にガバっと穴を広げて、穴石を圧入するわけにはいきません。

なぜなら、上の写真を見てわかる通り穴の中には段差があって奥の方は穴が小さいのですが、全体を同じ大きさになるまで削り広げたら、手前側の壁の肉厚が薄くなり過ぎます。

そこにググッと穴石を圧入したらどうなるか、、、?

 

薄い部分に力が加わり、壁が膨らんで香箱に触ってしまう、若しくは最悪な場合、壁がプチっと切れてしまう恐れがあります!!

もし地板の壁が切れてしまったら?? 

それこそハンダや接着剤、よくてレーザー溶接、、いずれも邪道な手しかなくなるし、、、そもそもそんなことになった時点で、私はこの世に存在しないかもしれません(恐)!

 

 

命がけのプロジェクトですから、先輩ともよく協議して、、下記の方針が決まりました。

 

①汚く傷だらけにされて中心の狂った穴を、きれいに中心のでた段付きの穴に加工し直す。

②段付きのブッシュを製作し、成形された穴に圧入する。 

③ブッシュの穴に穴石を圧入する。

 

こうすれば穴を全体に削り広げなくて済みますし、地板を切ってしまうリスクもなくなります。

 

さてさて、、、まずはフェイスプレートを使ってセンター出し。 穴が確実に地板のど真ん中になるよう切削、加工してあげます。

 

 

見にくいですが、T型というべきでしょうか。段をつけて切り広げました。

奥の方は広がりましたが、一番上の部分はそのまま残してあります。

 

上手くいったので、つぎはブッシュを作ります。

 

 

こちらもT型ですね。

地板と同じニッケル(合金)を使っているので、粘りがあって削りづらい、、、

 

 

上手くいきました!

ブッシュが無事に圧入出来たので、次は圧入する石を探します。

 

 

穴が2番車の軸に対してきつすぎず緩すぎず、外径は圧入したブッシュの穴よりちょっと大きめの穴石を探します。

 

 

口で言うと簡単ですが、、、うん、正直気が遠くなります(-_-)

赤い石を見つめすぎて「わー綺麗だなー」っとか現実逃避してる場合じゃありません(笑)

 

さすがに、ずっと探してると日が暮れてしまいますが、、なかなか見つからない。

結局、同じ機械のジャンクを見てみたり、他の穴石のストックを探したりしているうち、、、何とか一つ見つけました!

 

ブッシュの穴を、穴石の外径に合わせて「エグリ」で広げていきます。

エグリは前回のブログでご紹介しましたね。

 

 

穴石をガッチリ圧入したところです(ブッシュに映っている2つの黒い点はカメラの影です。)。

この時計の場合、元々接着されていた石はルビーではなく透明に近いサファイアでしたが、見つけた石も偶然そうでした。

最後に石の高さを微妙に調整し、2番車の縦アガキ(上下のアソビ)を適量にすれば完成です。

 

これで次回の定期整備からは、なんの心配もいりません。

めでたしめでたし。

 

 

さて話は変わりますが、

2019年2月16日(土)14時~15時30分に行われる「第四回 懐中時計セミナー」の予約受付の締め切りは残り1名様となっているので、

受けてみようかなと考えている方はどうぞお早めに!

ちなみに、内容は第一~第三回目と同じ、「時計の起源」です。

 

それでは!

 

 

 

マサズパスタイム ホームページ

☆Twitter☆
☆Youtube☆
☆Instagram☆

☆Facebook☆

マサズパスタイムスタッフさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス