4番車の入れホゾ | 吉祥寺の時計修理工房「マサズパスタイム」のスタッフブログ

吉祥寺の時計修理工房「マサズパスタイム」のスタッフブログ

パスタイムのスタッフが週替わりで日々の作業や、趣味などを綴っていきます。


テーマ:

どうもこんにちは!

真下です!

 

先週末、仕事を終えた後に忘年会に参加してきました。

大学サークル時代の同期とでしたが、やはり気の置けない友達とはいいもので、飲む前からテンションはMAX。

何故だか小中高の友達とは全く会うことがありませんが、大学や専門学校の友達とはこれからも長い付き合いになりそうです(・ω・)

 

 

 

さて、話は変わりますが久しぶりに時計の事を。

 

写真は4番車の下ホゾ(軸)です。

4番車の下ホゾ(軸)は、一般的なアンティークウォッチで言うと秒針が取り付けられる部分なので 「秒ホゾ」 とも呼ばれていますが、他の歯車のホゾと違って文字盤側に長く伸びています。

しかし修理に持ち込まれたこの時計の場合、4番車が秒ホゾの無い2針モデルの歯車に取り替えられていて、当然、秒針も付いていません。

 

オーナーの希望に沿い、今回はこの歯車に秒ホゾを 「入れホゾ」して、元の3針仕様(スモールセコンド付き)」 に復旧することになりました。

 

さてさて、入社以来 「入れホゾ」 は何度もやっていますが、、、正直、秒ホゾを入れるのはこれが初めて。

でも段取り自体には変わりがないので、いつも通りに進めます。

まず、ワックスチャックに4番車を固定し、熱を掛けながらしっかりセンターを出していきます。

 

 

次に、開けたい穴の直径をもったドリルを製作します。

始めはなかなか上手くいきませんでしたが、最近はこの作業も大分馴れてきました。

 

完成したドリルで、4番車のシャフト本体に穴を開けていきます。

しかしドリルの先端はφ0.18㎜くらい、、。

ちょっとでも力加減を間違えればドリルの先端は音も無く消え去るので、慎重に、慎重に、。

 

無事鋼鉄のシャフトに穴が開きました。

よし。ここまでは順調(・・;)

 

この後は、焼きの入った鋼の丸棒を旋盤で切削し、穴の奥まできつく圧入します。

 

ちなみに通常の入れホゾの場合、圧入したホゾが抜けてくることはまず無いようですが、秒ホゾの場合は異なります。

時計を分解掃除する際、秒針は毎回引っ張り上げて抜きますが、この時、入れた秒ホゾがガッツリきつめに圧入していないと、秒針だけでなくホゾまで一緒に抜けてしまう可能性があるんですね。

 

余談ですが、親方が言うには見積もり作業中に秒針を外したら秒ホゾも一緒に抜けてしまう時計があるそうで、こうなると全分解して入れホゾし直さない限り時計は動かなくなってしまう、、、、これ、考えただけでも頭が痛くなります。

 

一方で、抜けるのが嫌だからと圧入具合をきつくし過ぎれば今度はシャフトの方が裂けてしまう(研修の時やりました 涙)、、、だから、きつ過ぎるのもご法度。

 

心配になって親方や先輩の岩田さんに 「どのくらいの力で入ればいいんですか?」 と聞くと、、、「キュキュっと入れりゃあいいんだよ!」 とか 「そんなもん、口じゃ言えねえよ!」 とかで、、、こればかりはやっぱり経験しかないということのよう、、。

 

でも、今回とりあえず軸の圧入はいい感じに成功!

 

 

 

しかし、まだまだキワドイ作業は続きます。

 

秒ホゾがシャフトに対して完璧に真っすぐに圧入されるなら秒ホゾは最終的な寸法に仕上げてから入れればいい訳ですが、、、厳密に言うとこれはまず期待できない。

大体の場合、入れたホゾは僅かながらブレながら回る感じになる訳です。

 

その為、入れるホゾはあらかじめ完成形よりも少々太目にしておき、圧入した後、ブレを修正しながら更に切削して完成させるのがパスタイム流。

 

ところが!!

 

入れた軸を切削していく段階で、バイト(刃物)がちょっと強く当たってしまい、、 「ポキッ!」

折角入れたホゾが、折れてしまいました(泣)

 

・・・よし、気を取り直してもう一度。

シャフトの穴の中に折れて残った鉄の残骸を取り出して、再度挑戦。

 

無事に圧入したものの、今度は切削中に、、、!「スポーン!」

秒ホゾが抜け出てしまった・・・どうやら、圧入が緩すぎたみたい。

やはり秒ホゾ入れは難しい、、。

 

結局この後、、親方の熱い視線(?)と叱咤激励(!)を浴びつつ作業を繰り返し、休日出勤を挟んで(涙)丸2日後、、、やっと上手くいきました!あせる

 

 

簡単に言うと、ホゾの根本は穴石の穴にちょうど良く、先端も秒針のパイプの穴にぴったりと入る寸法の軸。

 

でも顕微鏡だと大分大きく見えますが、肉眼だとこの小ささです。

うひゃー。

 

 

秒ホゾと言えど、まさかこんな時間が掛かるとは思っていませんでした。 

親方や岩田さんがものの一時間で終える作業が、、。

練習不足を痛感しています。。。

 

さあ、早く次の作業に取りかからなくては(~_~;) 

 

それではまた!

 

マサズパスタイム ホームページ

☆Twitter☆
☆Youtube☆
☆Instagram☆

☆Facebook☆

 

マサズパスタイムスタッフさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス