久しぶりに時計のことでも | 吉祥寺の時計修理工房「マサズパスタイム」のスタッフブログ

吉祥寺の時計修理工房「マサズパスタイム」のスタッフブログ

パスタイムのスタッフが週替わりで日々の作業や、趣味などを綴っていきます。


テーマ:

皆さんこんにちは!!

佐々木です。

 

今回は久しぶりに時計のことを書きたいと思います!!

内容はズバリ 「天真製作」 です。 アンティーク時計の修理ではわりと頻繁にある作業の一つではないかと思います。

 

まず天真と言われてもなんのこっちゃいと思われる方が大半だと思いますので、軽く説明しますね。

 

機械式時計にはテンプと呼ばれる円盤状の部品がありまして、これはいわゆる調速機の主要部品、つまり時間が合う合わないを決める重要な部品です。

 

動画とかで見たことがある人なら分かると思いますが、時計のなかでせわしなく動く輪っかを見かけると思います。それがテンプです。

テンプはいくつかのパーツで出来ているのですが、その軸にあたるパーツが天真と呼ばれるものです。

 

この天真ですが、直径が10分の1ミリ余りの細さで出来ている上に高速で回転するので、100年を越えるようなアンティーク時計の修理では、折れていたり、軸が摩耗していたりと傷んでいるものが多いものです。

時計をちょっと床に落としたりしただけで、曲がったり折れたりしちゃう部品なんです。

 

傷んでいたら交換するしかありませんが、100年以上も経ったアンティーク時計の天真を材料屋さんや時計メーカーから買うことは出来ませんので、旋盤を使って鉄の棒材から作っていくことになります。(天真製作について詳しく知りたい方は当店HP内の天真製作をご覧下さい。)

 

 

最初は大雑把に棒材を切削して形を作っていきます。ここは出来るだけパパっと終わらせます。

 

 

次はテン輪の入る部分の切削です。 綺麗に面をだしておかないと後々の調整が大変になりますので慎重に・・・

 

テンワの部分が終わったらつぎはヒゲ玉と呼ばれるパーツが入る部分の切削です。この時にきつすぎるとヒゲ玉が割れちゃう原因になります!!かといって緩すぎてもだめです。難しいですね(笑)

ヒゲ玉の部分が終わったら先端(上ホゾ)を作っていきます。この先端の細さが上でも書いたように0.1mm程です。気を抜くと折れちゃうくらい繊細な部分ですので慎重に慎重に・・・

先端ができたら切る前に残りの下半分を大雑把に切削しておきます。(写真撮り忘れました。すみません(^_^;)

 

そこまでできたらひっくり返します。

うちでは、ひっくり返した後下半身の切削はコレットチャックではなくワックスチャックと呼ばれる特殊なチャックな使用していきます。 

熱を掛けると簡単に溶け、冷えると直ぐに固まるタイプのワックスを使って、ひっくり返した天芯の中心が完全に合うまで何度も根気よくやり直します。

 

コレットチャックを使えば劇的に時間は短縮できますし学校でもそういう方法を教わったのですが、その場合、本当に僅かなコレットチャックの誤差がそのまま作った天真の精度に反映されるということで、うちでは禁止されています。

ズルをしてコレットチャックを使ったりしたら、、、たぶん親方にぶん殴られますね(涙)

 

 

しっかりと軸の中心を出します。中心が出たら、次は 「振り座」 と呼ばれる部品のはいる所の切削です。

上の写真は、削った下半身の胴体部分に振り座を嵌めてみたところです。

振り座には 「振り石」 と呼ばれるルビーの棒状の部品が付いているのが見えますね。

 

 

振り座の取り付け部分が終わったら天真の下半身の先端部分(下ホゾ)を切削します。

これが最後の難所で、、ここでしくじると今までの数時間が全て台無しになってしまいます!

 

だから慎重に、じっくりと時間を掛けて、、、やっと完成です!!

 

まずまずといったところでしょうか?

ここまで作るのにだいたい5~6時間掛かってますね。時間掛かり過ぎですね(笑)

先輩の岩田さんなんかだとあっという間に終わってしまう作業ですが、、、20年以上やっている人とは年季が違いますから仕方ないです。

 

もちろん早くても出来が悪ければ意味がないんですが、せいぜい2、3時間で終わらせたいとは思いながら、まだまだ実現できていません、。

これはまだまだ修行が足りないということだと思いますので、より一層頑張っていきたいと思います!!

 

ではでは今回はこの辺で。

 

さよならー

 

 

 

マサズパスタイム ホームページ

☆Twitter☆
☆Youtube☆
☆Instagram☆

☆Facebook☆

マサズパスタイムスタッフさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス