2017-12-07 02:43:14

真夜中の焼きうどんと北村薫

テーマ:ブログ

我が家には書棚がない。
本がない。
つまり、読書をしない。

ネットで情報を得るようになり、
読むものはPCかスマホ。

よって本を処分する加速度はさらに増し、
引っ越しにより、とうとうゼロ冊となった。


今宵は文字について・文章について考えさせられる夜であり、ふと、
ごく僅かな我が家の文庫本。
引越しをも乗り越えた貴重な数冊の古い文庫を、
ベッドの下から引っ張り出してきた。


懐かしい...


もうかれこれ20年前くらいになる。


遠く離れた親友。
彼は毎日一冊は読破するという勤勉家で、
知識も多岐にわたりとても尊敬すべき人だった。

「まったく本を読まない自分に、
何かオススメの本なんかあるのかね?」

と、彼に質問したら、

「普段から読書をするかしないかではなくて、
鈴木君ぽい。鈴木君が好きそうな文体の本があるよ。」

と、一冊プレゼントされたのが、
北村薫の「空飛ぶ馬」だった。

本嫌いな自分だったけど、
不思議と、この[円紫さんと私]シリーズにハマって、
続編を買っては風呂に持ち込み、ふやかした。


カバーは捨てた。
だけど捨てられずに我が家の隅っこで生き延びたふやふやの北村薫を、
今夜再び読み返している。






{07A3EC0F-E483-4D9E-9D2E-CC39F356511F}




縦一行、するりと読んだだけで、
ぱあっと広がる景色。
そしてやっぱり、紹介してくれた彼の着眼点が正しい。
鈴木君が好きな言い回し。会話。例え方。描写。
まさにその通りだ。


急に腹が減って焼うどんを作った。



{6D6D51B0-2313-4BDB-A514-57945E7F8EC1}




文庫片手にズバズバすすりながら。
ため息がでる。

ピアノで思いを綴るように、
強く...そしてふっと弱く...
もっと自由に言葉も紡げたらなと、
力の無さに愕然とする。

今日はいい刺激を多方向から受けた日だった。




鈴木


AD

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。