ヴィオラ弾きならだれでも(?)知ってるブルッフ「ロマンス」。

いいですねー。私はチェロ弾きですが。


以前、弦楽合奏団ソーヴェニール・デラ・ムジカの演奏会で、ヴィオラの団員ソロで演奏しました。

その時にこの曲に魅せられて、弦楽合奏での伴奏するこのアレンジを出版社に持ち込んだところ、

ウィーンの老舗ユニヴァーサル・エディションがオンラインとして出版してくれるとのことになりました。


https://www.universaledition.com/composers-and-works/max-bruch-4655/works/romanze-19024


前は、タイトルだけがウェブ上にあったのですが、いまはスコアのチラ見ができます!

ヴィオリストのみなさま、オケは大変・・・とかでしたら、

弦楽伴奏はもう少しお手軽です。

伴奏の弦楽も結構楽しめるように工夫をしました。

コンチェルトグロッソを思わせるようなアンサンブルを取り入れています。


良かったら演奏してください(^^♪