数楽者のボヤキ・ツブヤキ・ササヤキ-中学 数学 道徳 Mathematics Puzzles-

中学の数学教師が綴る独り言 中学数学,道徳,数学パズル,数学史,和算,Teachers of Mathematicsの話題,小中連携教育,学校行事の様子をデジカメ写真付きで紹介
クラシックカメラ、クラシックレンズで撮影したスナップ写真もほぼ毎日綴っています


テーマ:

数楽者さんは、実家に帰省することを「実家に来日する」と言われるほどの 英語力です



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 新しい学校に赴任してきてから1ヶ月が経ちました。まだまだ、ここの学校のやり方には慣れない部分がたくさんあります。他の先生や隣のクラス担任の様子を見ながら、真似をしてとりあえずついていっているというのが現状です。
 
 授業の受け持ちは、2,3年生の数学と担任クラスの道徳、学活、総合に不適応生徒の授業が1時間あり、全部合わせて20時間です。そこに学年部会が一つ入っているので、授業や会議のないいわゆる「空き時間」は1日平均1,2時間ということになります。火、水、木曜日は空き時間が1時間ずつしかありません。担任クラスの生徒の学級事務をしているとあっという間にその空き時間が終わってしまいます。放課後は放課後で部活の生徒が帰るまでは、原則的にはその指導が入ってきます。
 
 部活を主担当で持っている教師は、この時期は、土日の休みもなく練習試合や大会の引率があります。のんびり休んでいる暇もありません。私が顧問をしているバレーボール部も5月3日からのゴールデンウィーク中は4日の日が休みなだけです。
 
 私たち教師の勤務時間は、一応、一般公務員と同じように午後5時前後に決められています。しかし、実際にはその後も部活をやっているので、ボランティアの時間外労働が続きます。
 
 このように生徒が学校に残っている間は、はっきり言って教材研究をしたり、自分の受け持っている分掌の起案文書を作ったりするような仕事はできないのが実態です。つまり、生徒が帰った6時過ぎからやっと落ち着いて仕事できるようになるのです。いくらなんでも夕食も食べずに頑張るわけにもいかないので、結局は仕事を持ち帰ることになってしまいます。もちろん民間のように時間外手当などありません。部活顧問は大会引率になると、朝早く出て夕方遅くまで、10時間~12時間程の貴重な休暇が潰れたとしても、手当はわずか1200円程度しかつきません。会場がどんなに遠くても、ガソリン代の支給はありません。自分の担当の仕事を全うしようと思えば思うほど、教師には時間的にも経済的にも余裕が無くなると言っても言い過ぎではないと思います。そうでない教師との差がありすぎると思います。今日は、少しボヤキになりました。

人気ブログランキングバナー くつろぐ

人気ブログ検索 - ブログフリーク   にほんブログ村 教育ブログへ 学校・教育全般 - 学校・教育blog-net
↑↑↑ ランキングサイトに登録しています。皆さんもお仲間になりませんか。いずれか一つでも結構です。ポチッとワンクリックご協力お願いいたします。 m(_ _)m

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
 寒の戻りとは,言えないような大雪が新潟を襲っています。新潟市内も30数年ぶりに3月の積雪記録を更新したそうです。今朝,新潟市にある自宅マンションから出てくるときも,10cm程の雪が車の上に積もっていました。フロントガラスの上の雪が凍っていて,解かすのに一苦労しました。新潟市から50km以上離れたこの地域も真冬に逆戻りしたような猛烈な降り方です。明日の朝までの最大積雪量は30cmを超えるそうです。一体全体,地球の気象はどうなっているのでしょうか?2月の末に,ふきのとうのてんぷらを食べたのがうそのようです。

 私の学校の終業式(2学期制)は,3月24日(金)です。今年は幸い,どの学年も,指導すべき内容の授業は終わり,今は,総復習を行っています。数学という教科は,教わったときは,分からなくても,後から見直すことによって理解できたり,理解が深まったりすることがあります。今年はそういうおさらいや分かり直しの時間が十分獲れそうです。

 新潟県では,1月から2月にかけて全県学力検査(成果検証テスト)が行なわれます。昨年度は,1月14日に全県一斉に行われていたものですが,今年は,各学校の判断で実施時期を決めることができました。昨年度は,県内すべての学校に義務付けられていた県教委への結果報告も,今年度は抽出校のみとなりました。当校では,2月20日(月),21日(火)の2日間に分けて実施しました。今,各教科で正答率等の分析を進めている最中です。どの教科も県平均を上回る正解率となっており,ホッと溜め息をついています。

 以下は,ボヤキです。

 全県学力検査なのに,「問題用紙」,「解答用紙」,「実施の手引き」,「採点の手引き」といった実施に必要なすべてのものは,県からは送られてきません。それらはすべて県から送付されてきたCDに入っています。各学校で実施する場合には,いちいちそのCDから該当するファイルを読み出して,プリンターに出力し,さらに印刷機で人数分増し刷りする必要がありました。さらに実施後の採点から結果処理までの全てを各学校が行わなければなりませんでした。

 年度末は,進路事務,定期テストの処理,通知表作成,卒業式,指導要録の作成,人事異動等々そうでなくても殺人的な忙しさであったのに,さらに多忙感を募らせるように全県学力検査の処理と分析の作業が入ってきています。休日も返上して,4時間以上何時間やってもたった1200円しか報酬の出ない部活指導のために,毎週毎週頑張っている顧問が中学校にはたくさんいます。「やってらんねーや」と文句を言いながらも,一生懸命部員を指導している部活顧問が,休日の部活指導にさえ専念できない状況になっています。

 実施2年目にして早くも,各学校に丸投げ状態の全県学力検査。何とかならないものかと考えている現場教師の声に耳を傾けていただけないでしょうか?



 多くの方々に読んでいただきたいと思う記事を【ブログルポ】様に登録させていただいています。それぞれの記事へは,次のタイトルリストのリンクからジャンプしていくことができます。そして,それぞれの記事を最後まで読んでいただくと,記事ごとにお気に入りの度合いを評価していただくボタンが付いています。ご面倒でなかったら,各記事を評価していただければ,私にとって記事更新のエネルギーになります。何卒よろしくお願いいたします。
学校・教育全般 - 学校・教育
お仕事ブログランキング にほんブログ村 教育ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Entry ランキングへ投票 Blog Entry ランキングへ投票 とらっくばっくる 数学ブログランキング ブログベル
こちらからBloglinesでこのブログをRSS登録できます⇒
Bloglinesで閲読登録
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日は,地上波デジタル放送を見ることができるというテレビを購入しました。ジャ○コの会員価格だと,通常の割引価格からさらに4万円引きになるというダイレクトメールにつられ,ジャ○コ新発田店まで行ってきました。


 いまは,いらなくなった電化製品の処分にも自己負担がかかります。マンションから教員住宅へ移るときに持って来た愛着のあるテレビが使えなくなるので,処分してもらうことにしました。その処分にかかる費用がなんと1万円。


 日本中で,近々,今まで毎日使っていたお気に入りのテレビでは,放送が受信できなくなり,新しい受像装置を購入しない限り,テレビ番組を見ることができなくなってしまいます。(と,うちの家内が申しております。本当なのでしょうか?)


 日本中で,テレビの買い替えが始まっているようです。上手に商業ベースに乗せられている感じがして納得いかない気持ちが残るのは,私だけではないと思います。新しいテレビと引き換えに不要になり,ビデオやテレビゲーム専用機に成り下がるテレビの台数は,合計何台くらいになるのでしょうか?


 この裏には,莫大な経済効果を狙った仕掛け人が居るに違いありません。「テレビなんて見れればいいじゃん。」って思う私は,地上波デジタル放送になるメリットを理解することができません。ビデオ配信などのメリットを得るためには,追加料金が発生するシステムになると聞きます。気に入った映画を,期限を気にせず見ることができるというようなメリットは確かに魅力ではあるのですが,そのために工事費や維持費がかかるのは勘弁して欲しいと思います。ほとんど見ることがないのに,自動引き落とし契約にしているため,毎年納めているNHK受信料にも,ぶつぶつ文句を言っている私ですから。



 多くの方々に読んでいただきたいと思う記事を【ブログルポ】様に登録させていただいています。それぞれの記事へは,次のタイトルリストのリンクからジャンプしていくことができます。そして,それぞれの記事を最後まで読んでいただくと,記事ごとにお気に入りの度合いを評価していただくボタンが付いています。ご面倒でなかったら,各記事を評価していただければ,私にとって記事更新のエネルギーになります。何卒よろしくお願いいたします。
学校・教育全般 - 学校・教育
お仕事ブログランキング にほんブログ村 教育ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Entry ランキングへ投票 Blog Entry ランキングへ投票 とらっくばっくる 数学ブログランキング ブログベル
こちらからBloglinesでこのブログをRSS登録できます⇒
Bloglinesで閲読登録
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日,今日と夜7:00から3つの会場に分かれて「地区懇談会」が行われます。地区懇談会というのは,PTAの生活指導部が主催する行事です。各地区にお住まいの保護者の方がほとんど全員参加されます。学校の様子について代表の先生方が話をし,保護者の方々の質問や要望に応じます。


 昨日の次第・内容は次のようなものです。


司会進行 生活指導部員


1 開会の挨拶(PTA三役)

2 学校長挨拶

3 生徒の学習・生活の様子(学校から)

4 夏休みの過ごし方について(学校から)

5 サマークラスの実施について(学校から)

6 学校評価のための保護者向けアンケート提出のお願い(学校から)

7 地域や家庭での生徒の様子について(保護者から)

8 その他 食事,健康,家庭での生活や役割分担,生活時間帯,親子の対話,将来のこと,勉強方法,地域行事の参加等について


私は,研究主任で,学習指導部なので学習についての話をしてきました。 サマークラスというのは,3年前から実施しています。簡単に言うと補習授業です。昨年度までは,夏休み中に行っていましたが,今年は夏休みを9日間短縮してサマークラスの期間中は授業日扱いになりました。


私の学校は,昨年度から2学期制を敷いています。そのため1学期の期末テストを夏休み前でなく,8月31日に実施します。 2学期制でも夏休みを実施しない学校はないと思います。2学期制の学校だと,9月,下旬か10月上旬が1学期末ということになります。そうすると1学期の期末テストは7月か9月の実施ということになると思います。そこで,問題になるのが,夏休みが学期途中に挟まるために,子どもたちの学習がとぎれてしまうことです。この夏休みによる「学習の不連続」は,2学期制のウィークポイントだといわれてきました。 この「学習の不連続」を解決するために「サマークラス」が実施されることになったのです。


 サマークラスは,第1期が8月26日(火)から29日(金)で,第2期が8月24日(水),25日(木),26日(金),29日(月),30日(火)に行います。午前中45分間で3時間ずつ5教科(国,社,数,理,英)の授業を行います。給食もあります。昼休みを挟んで1,2年生は部活,3年生は2時の下校バスまでは受験勉強という日程です。


 大部分の学校が夏休みだというのにこんなに働いているここの学校の先生方は,教師の鏡だと思いませんか?塾の夏期講習に行くと,○万円かかりますが,うちは無料です。 でも,ここまで強烈に補修を行う学校は全国を探してもほとんど無いのではないでしょうか。 公務員の権利として認められている5日間の夏期休暇もお盆前後にしか取得できない状態です。一般の公務員の方々は7月や9月に休むことができるかも知れませんが,教員の場合はこの時期に休みを取ることはほとんど不可能です。うちのように教員数が少ない学校では,1人でも休むと他の先生に負担がかかってしまうので授業日に夏期休暇を取ることは実際はできないことなのです。


 カウントダウンして待ち遠しく思った夏休みは,どこへ行ってしまったのでしょうか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。