今日は6年前

すい臓がんの手術をした日です。

2013年11月5日に[膵頭十二指腸切除術]を

しました。

 

 

おかげさまで術後6年

生き延びることができました。

 

 

生きさせて頂いた全ての皆様に

心より感謝いたします。

 

 

ここへ来て主治医は

貧血と糖尿病に注目しています。

 

 

「すい臓がんで長生きする人は

糖尿病になるのが非常に多い」

と主治医は言っていた。

 

 

主治医は段階を追って起こりうる事を

把握しているようです。

 

 

3年前の脾臓摘出手術もそうです。

 

 

脾臓に問題があることは

以前から分かっていてたのですが

すい臓がんの再発の方が重要でした。

 

 

すい臓がんが再発するかと思って

みていたけど

再発しなかったから脾臓摘出手術をしたと

言っていました。

 

 

術後6年経ったら

今度は貧血と糖尿病に注意です。

 

 

貧血は胃の切除を含め開腹手術を

2回やっているからです。

糖尿病はすい臓を取るとインスリンの

分泌が減るからです。

 

 

貧血は自覚症状はありますが

糖尿病は自覚症状がありません。

 

 

貧血は鉄剤を飲んで治療しました。

 

 

糖尿病は糖尿病予備軍という段階で

食事療法で改善されました。

 

 

糖尿病予防は続きます。

定期的に内科で検査を受けています。

 

 

食事療法の栄養指導を受けた際に

甘い飲み物を控えることと

タンパク質の摂取が足りないと

指摘されました。

 

 

その後、甘い飲み物を控え

タンパク質を取るため朝食に卵を加え

がん再発予防の食事では

控えめだった肉や避けていた肉加工食品を

食べるようにしました。

 

 

そして内科の検査で改善が認められました。

 

 

その後、元気がない時に糖類を

多く取ってしまったら

検査で少し数値が上がってしまいました。

 

 

良い時も悪い時も検査にすぐ出るものです。

 

 

これからの食事療法なんですが

がんの予防、糖尿病予防、貧血予防は

それぞれ違いがあり相反するものもある。

そこが難しいところです。

 

 

様子を見ながらやっていくしかないなと

思うのであります。

 

 

🏥~(ゝ。∂)

 

 

ランキングに参加中です。
いつもクリックありがとうございます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

すい臓がん ブログランキング