ソネット「言葉それぞれ」急がば廻れである | 新サスケと短歌と詩

新サスケと短歌と詩

短歌と詩を公開します。


テーマ:

 同人詩誌「青魚」No.87(2017年10月25日・刊)が送られて来ました。僕は4編のソネットを寄せたので、毎日1編ずつ紹介します。

 最新エディタでは、字の大きさが合わないので、詩のみ、元標準エディタで書きます。


   言葉それぞれ

           新サスケ


思い出そうとする言葉が

出て来そうでわからない

電子辞書の「ギリシャ神話」などで

調べて もう諦めようとすると


閃いた 「プロメテウス」だ!

また1つ 朝から悶々と思って

夕食の皿を濯いでいると

浮かんだ 「ネオンサイン」だ!


緬羊の緬が

スマホに出ないとき

縮緬(ちりめん)と打って


出して来た

廻り道して辿り着くのだ

急がば廻れである



新サスケさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス