歌誌「覇王樹」11月号より3首(1)われは詠わん | 新サスケと短歌と詩

新サスケと短歌と詩

短歌と詩を公開します。


テーマ:

 今月25日に、結社歌誌「覇王樹」2017年11月号が届き、「紅玉集」(準同人)の僕の6首は、特選でした。

(1)3首をアップします。8月半ば頃までの歌です。


初夏を子育て終えし山鳩か

  久々に啼く繰り返し啼く


山鳩の繰り返し啼く昼下がり

  繰り返しまたわれは詠わん


二回目の抗癌剤を射つ朝の

  妻の表情に怯えを見たり

(註:現在は、抗癌剤の点滴は終えています)

写真ACの「学校文化部」より、「科学部」のイラスト1枚。


 

新サスケさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス