せつない年末年始 | 実は不倫してました。。

実は不倫してました。。

これは本当のおはなしです。


テーマ:
「今日で今年最後の日」と、決めた彼との約束事
彼の実家に彼の姉家族や兄が集まったりと、賑やかな年末年始を過ごすそう…
私は当然入る余地なし
なので、大晦日も初詣も私と彼の思い出にはきざまれない
わかっていたけどなんだか心苦しい…
お正月明けも、会社の仕事始め日に会える感じ
長い長い休みになりそう
もちろんメールも電話も不通
はぁ…大丈夫かなぁ

不安げな顔をしている私をよそに、彼は楽しく話をしてくれる
ー彼は不安じゃないのかなぁ?寂しくないのかなぁ?
でも、不安げに別れるよりは、ニコニコした方がいいのかなぁ

そして彼。
「今年は出会えてほんとによかった。また来年もいっぱいいろんなところ行こうな!」
ぎゅー!って会えない分いっぱい抱きしめてくれた
ーよし、これでなんとか年を越せそう!

そして、カウントダウンコンサートのテレビを見て年を越す
待てども待てども、彼からの年賀状が来ない
年賀状も不通か…
考えてもみなかった

年が明けて2日めの夕方、私の親戚の家で新年会
叔父さんたちが盛り上がってる頃、携帯に着信音
思わず「え?」
「もしもし俺。あけましておめでとう。今年もよろしくな!今コンビニに来てて今がチャンスと思ってかけたんだぁ」
彼からの今年初めて電話にビックリ!

まるで録音テープを再生したかのように、相づちを打つ暇もなく、あっという間に電話が切れた
こちらからかけられない電話
また彼と不通に…

彼からの一本の電話で私の寂しさと悶々とが一気に飛んで行った!
さすが彼の声のパワー

早く彼に会いたい!
早く仕事始めの日にならないかなぁ
あと2日の辛抱

やっぱり待つしかない私


saraさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス