海洋天堂ブログパーツについて | マサキング子育て奮闘記 ‐自閉症スペクトラムの息子を抱える父親の日記‐
2011年04月21日 15時52分11秒

海洋天堂ブログパーツについて

テーマ:海洋天堂
先日20日に映画「海洋天堂」のブログパーツがオフィシャルサイトで正式に公開されました。
このブログにも貼ってありますが、このブログパーツは、ボクが制作させて頂きました。

マサキング子育て奮闘記 ‐広汎性発達障害の息子を抱える父親の日記‐-海洋天堂ブログパーツ


先月の初旬、海洋天堂の配給会社であるクレストインターナショナルさんからメールでご連絡があり、「ブログパーツの制作をマサキングさんにお願いしたい」とご依頼がありました。

本来はもっと早く打ち合わせする予定でしたが、東日本大震災になってしまい、打ち合わせが延期になってました。
その後、打ち合わせできたのが、このブログでも紹介したとおり4月6日だったのです。

打ち合わせが延期になったことで、クレストインターナショナルさんから「制作をする前に映画を観て頂いた方がもっとイメージが湧くと思います」とお誘いを受けて、マスコミ向け試写会へ参加させて頂いた・・・という経緯でした。

それから色々と考え、ブログパーツのデザインや構成を提案させて頂き、今回のブログパーツを作りました。
このブログパーツはかなりボクの好みと構成で、好きなように制作させて頂きました。
自己満足になりますが、この映画の良き部分を出せたと自負しています。

ボクは映画評論に関してはシロウトですが、海洋天堂は自閉症の息子を父親がどのように教育して、自分が死んだ後でも息子は生活していけるようになるのか?という事を教えるようなストーリーです。
でもボクがこの映画を観て一番感じたことは、子どもに対する父親の深き慈愛の想いなんです。
確かに辛く悲しいシーンはたくさんありますが、中でもこの映画の一番素晴らしい部分は、父親であるワン・シンチョン(ジェット・リー)の笑顔です。

知的延滞を伴う発達障害者である息子。
何を教えても、何回教えてもキチンとできない。
そして要領も悪く、こだわりあって自分の世界観を強く持ってしまっている。

そんな息子(ターフー)に対して、父のワン・シンチョン(ジェット・リー)が、息子の不器用さにイライラしながらも根気強く社会へ順応できるように教育していく。
そしてその父が一生懸命教えたことがやっとできるようになる。

その時の父親の笑顔です。
もうこの映像を見たらたまらなくなりますよ!

「良く出来た!凄いね!立派だよ!偉いなぁ!」

実は、ボクが真輝に対していつもやっている行動なんです。
要するに障害児を持つ親に与えられた一番の利得。超親バカモードです。

その時のジェット・リーの満面の笑みはもうこの映画の醍醐味です。
予告編では一瞬だけの素晴らしい笑顔を観ることが出来ます。
ジッと予告編を見てください。一瞬ですが2分00秒のシーンに超親バカモードの笑顔が出てきますよ。



そのジェット・リーの満面の笑みが観られます。
確かに辛くて悲しい、そして考えさせられるストーリーですが、だからこそその笑顔の素晴らしさが伝わると思います。

自閉症スペクトラムの障害を持つ息子を抱え、ちょっと変わった子どもに対して人一倍の愛情を注いでいる、発達障害児を抱える父親が真剣に我が子の事を思いながら作り上げたブログパーツです。

このブログパーツは先週末にかなり詰めて制作に打ち込みました。
高熱の我が子を隣に寝かせてその横で息子を看病しながら作り上げた物。
その時に真輝は39度の熱を出して、このパーツが完成した瞬間に熱性痙攣になりました。

映画の上映は期間がありますが、私にとってこの自閉症の子どもを抱えた父親の物語である映画「海洋天堂」は、このブログパーツと共に一生思い出に残る映画になりました。

そういう意味では、この映画に携わらせて頂いたことは配給会社の方へこの場をお借りして御礼申し上げます。
将来、真輝が大きくなったときに、このブログパーツを見せて、自分の武勇伝でもドヤ顔で語れればそれは自分の何者にも勝る自慢になるのではと思っています。


もし良かったら皆さんのブログでも紹介してください。
ブログパーツの貼り付け方は海洋天堂オフィシャルホームページの新着情報(下記リンク)でご覧頂けます。
http://kaiyoutendo.com/news.html

もう少ししたら、この映画に関してあるイベントを報告できると思いますのでお楽しみに!

マサキングさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス