こんにちは!

 

 

 

-----------------------

【坪単価での比較、業者の良さを見逃す恐れも?】

 

 

 

業者の価格帯を調べる方法の一つに「坪単価」

があります。


「坪単価」とは?


1坪(約3.3平方メートル)当たりの建築費のこと

です。


この計算方法は業者によって異なるため、
坪単価を安く見せたい業者の罠にはまると、
思わぬトラブルに巻込まれることがあります...





◆計算方法!

「本体価格」を「延べ床面積(坪数)」で
割ったものが「坪単価」です。


例えば、

本体価格が4千万円で延べ床面積が50坪なら、
坪単価は80万円となります。


ちなみに、

「延べ床面積」とは、

建物の各階の床面積の合計のことです。


吹き抜け・玄関ポーチ・ベランダなどは
含まれません。





◆注意点!

新築するには、

建物本体の工事費のほか、
別途工事費や諸費用が発生します。


それらの総費用を「本体価格」として計算すると、

坪単価は高くなります。


一方、

「本体価格」を本体工事費だけにして、
延べ床面積にベランダやポーチなども加えれば、

坪単価をより安く見せることができます。


そのため、

坪単価を比べる時は、
その計算方法までチェックすることが大切です。

 

 






◆同じ業者でも!

同じ業者でも、

間取りや外観

性能などのプランが異なれば坪単価にも差が出ます。


また、

延べ床面積が小さくなるほど
坪単価は高くなります。


なぜなら、

床面積が減っても、
キッチンや浴室

トイレなどの住宅設備の必要数

運搬費

施工費 が減ることはないからです。






◆目安の一つとして!

正方形や長方形のシンプルなプランより、
凹凸のある複雑なプランの方が
坪単価は高くなります。


また、
最低限の断熱性能しかないプランより、
断熱性に優れ、

家計にも健康にも優しい
プランの方が坪単価は高くなります。


坪単価だけで比較すると、
その業者の家づくりの良さを見逃す恐れが

あります。


目安の一つとして上手に活用しましょう!

 

 

 

 

 

ご参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

ご家族のために!

 

 

 

それでは次回をお楽しみに♪

-----------------------

 

 

みなさんにとって

素敵な日となりますように☆~

 

坂本正樹

 

 

【 ファースの家 】 ってなに?

 

㈱建築工房坂本ホームページより

↓↓↓

【本物の無垢の木の住まい】 

30坪代 お住まい事例 掲載中!!!

 

じもとち ホームページより

↓↓↓

白山市・金沢市の不動産情報を速報で掲載中♪