江口昌記の 月のうさぎ

- ぼくになら ことばにできる -


心になにかを

求めているひとに

ピンとくるお話がいっぱいあります


世の中のひととちょっと違った視点を持つおっちゃんは

ことばで描く画家』であります。

Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

青空    (1月17日の花束)


幸せを失ったものほど

幸せになれる



 それは君の 

 

     笑い声だ

 

 

 

 

 

 

 

 photo by sophie & cie

 


1月17日の花束
012017

 

ひとときは無限

 

使い回しの感情とか
予測した明日とか


ぼくらはどれだけ自分の可能性を殺しているんだ
自分の知らない自分とすれ違っているんだ


感覚が歌を謳っても
魂が居留守さ


きみの微笑みも鏡には無力
アンテナは振りきっていても
机に足を上げたままの五感の糸

 

慈しみを説くより
恥をしれよ


もつれあう息には必ずあう因果があるとしても
すべてが昨日見た夢の明日なら
縫い合わされた下衆なエロス

 

ひとときは無限

 

 

 

 

 

KW 15/16 12/12 - 4 - Infinite/​ richardhe51067

 

 

 

0122016

 

 

碧い煙



風も死ぬのかな。

もぬけたこころに響きます



胸の奥にある窓から

若かったころのキミが見つけられたから

ひと切れのパンはぼくの命になるだろうね


そうか 

すべてのことはメッセージなんだよね

ありがとう



5月のなにもないからっぽな空に

ひとすじの碧い煙が昇っていきました







碧い煙

image Author unknown



2016011

それがすべてさ。


ぼくの手の中にあった命は
ぼくから離れてしまった

ぼくは愛で生かそうとするけれども
ぼくの全身全霊でも足りないというんだ


でも。


それが
なんだ

だから
なんだ


ぼくの手の中にはいつだって愛がある
ぼくの命はいつだって投げ出す覚悟がある

それがすべてさ。





それがすべてさ。

Photo: water/flikr



0102016


長居ハ無用


苦しみヲ背負うより前に
出発しチまいなよ

自分自身を苦しめてるのハ
いつも自分自身デ

なにかを決断するときも

探せば探スほど
迷えバ迷うもの

ねぇ聞コエてるノかぃ オヒトヨシさん

立ち止まって
苦しみヲ背負うより前に

ソイツに肩スカシして
出発しチまわないかい

きみのレールの終点に
笑いだすほど不器用デ

愛ある世界が広がってる

ほら

きみが探せば探している
行きたがっている 世界





長居ハ無用

Soap bubble / tribp




0092016

夜の案山子


ことばのあげあしばかりとるきみ
ドブ板を踏み外そうと踊りつづける

漆黒のハットをかぶったひとつ目の土星は
手にしたタクトで
霧を律儀なサラリーマンにしてしまう

大きな黒い月は
さしずめ公海を行く
闇の帆船だ

ゴオンゴオンとパトライトの音をくゆらせては
きみの知らない背中に波紋を描いて
おおい過ぎてゆく

百眼を光らす金色の列車は
ガタタンガタタンと夜露に吐く息を泡立てて
札束を数える音と余韻に広がり
着物からげて山へ昇る


 舞台はとうに
 ひかれたんだよ


幾百もの迷い猫たち
ナイトクラブの楽屋に苔むして
蝙蝠の血の気の濃いルージュで
歯のない唇を今夜も飾り立てている

その気のとたんにビルディングは蒼くなり
ひと気を失くしたミルクの海に
クワランクワランところげ落ちていったんだ

夜の底に踊るきみはもう
マンホールの上
ストンと落ちれば今宵は無礼講と
青空のホコロビみたいな高イビキをはじめた

見果てぬ夜は紙芝居屋の
お手のもの

誰も見なくなった夢を
誰かのために親指でなぞっているものなのさ

遠くじゃ夜鷹がホゥと鳴き
星とほほよせクツクツと忍び笑い

極上の一見さんは
黄色い番傘をさし
夜の案山子みたいに
右往左往と立ち往生

凍てつく夜道に風鈴の音が降り積もれば

いつしか
マシュマロのような
真白になっていた




夜の案山子

Photo by snowman in the snow/ Acid Pix



0082016


おなかいっぱい


できあがったものや
生き方に共振する
「いいね」ではなくて

このひとオツキアイノあるヒトなものですから
「見ましたヨ」という常識人のツトメですから

キラリと光らす眼鏡の底で
現実社会の処世の沼に
愛想笑いの口の端
ネットリ浮かべた

「いいね」という蓮の葉


オツキアイヲ怠けたら
とたんに彼らは

キミダレワタシニ
冷たかったジャないですかと
報復の無視と冷たいシウチ

視線さえも合わさない
トウゼンノムクイがあるものなノです

友人というナの絆の
救われない今生の負の連鎖


ああ
ヒトってぼくには

おなかいっぱいなんデス






おなかいっぱい

Photo by Melody Mermaid doll 17inch Reroot hairs - Work in progress/Vanessa Ariel





0072016

瀬戸際



あなたが

「運命を信じるヨ」と

言葉として意識として

宣言する


そのトタンに


あなたの 知らないアナタ は

その口実に オートマトンで同調し


「今」 


以上の 努力はもうしなくてよいのだと

あなた自身に 命令 してしまうだろう




瀬戸際

Photo by relaxing/sasha diamanti





0062016

オシテシルベシ


煙草なんてヤメチマエヨ

そんなルーティンさえ断ち切れないから


アンタはいま

そのテイド 


なんだろ ?





オシテシルベシ

Photo:summoning the spirit of smoke/izarbeltza



0052016

満月よりもクセの強いものは新月


人というのは商売じゃないからね
やめられるもんじゃないんだ


満月よりもクセの強いものは新月



好きじゃないのに
気になるというのは

たぶんそういうことなんだよ






満月よりもクセの強いものは新月
Photo by Night blade/Conan



0042016

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>