左下り観音 オジさんぽで涙 | みらくるなくるま屋✨⭐️

みらくるなくるま屋✨⭐️

新潟県燕市にある車屋の
マサキオートファミリーによる
赤裸々ブログ

車ネタをあんまり書かない車屋ですが、、、

大丈夫です!

まだ車屋、やらせていただいております笑

皆さん…。



ご機嫌よう✋
クルマ屋なのに
全くクルマネタを書かない…。
です‼️

今回は〜
一人旅‼️
『 左下り観音 オジさんぽ 』🏃‍♂️💨💨💨
コチラッ↓↓↓↓↓↓
素晴らしい‼️👏👏👏

『 清水寺 』みたいだ〜✨✨✨


天長7年(830年)に徳一大師が
建立しされたと考えられます。

岩を切り開いて構築した見事な三層閣。
五間(約9メートル)四方、
高さ四丈八尺(約14.5メートル)
東向きで廻り縁があり、
当初は修験道の入行前に籠るための
行堂として建てられたと考えられています。
また、縁先に立てば多く磐梯山を望み、
近くに大川の清流を見下ろすことができ、
チョット怖いですが超絶景です‼️😳👍✨✨


本尊は聖観音ですが本尊のほかに
『 石像の無頸(くびなし)観音 』
が安置されています。



【 無頸観音の言い伝え 】
延長年間(923~929年)頃、
越後からの追手から逃れてきた者が、
この観音堂に身を潜め、
助かることを一心に観音に念じたが、
やがて追手に捉まり岩上で
首を切り落とされてしまいました。
しかし…。
追手はその首を持ち帰り主人の前に
差し出すとその者の首ではなく
観音の石頸でした。
首を切り落とされた観音は、
その後『 無頸(くびなし)観音 』
といわれ秘仏とし安置されています。


【 ワシの勝手な自論 】
そんな言い伝えを聞くと、
なんか神霊スポット(殺人現場)みたいに
感じる方がおられますが全く逆だと思います。

多分…。
追手の心の中の良心(慈悲の心)が、
首を切る事が出来なかったんでしょう。

ここは観音様に包まれているような…。
そんなパワースポットです‼️‼️‼️
無頸観音様の前では涙が…。
本堂の前ではやはり超発光‼️👍✨✨✨

素晴らしい場所でした🙏

それにしても…。
なんでワシ発光するのかなぁ〜⁉️💦