@川越 過ぎる時間もゆっくりと | いじ散歩のブログ 横浜・鎌倉・都内編

いじ散歩のブログ 横浜・鎌倉・都内編

遠い過去と遠い未来をつなげるために、
想いのままにどうでもいいことを書き記します。
散歩しながら考えることが多いです。
散歩って情報収集&創作活動じゃないかな。


テーマ:

 

小江戸 川越は過ぎる時間もゆっくりと

 

先日の入間の視察のあとに、

せっかくだから川越まで足をのばしてみた。

 

カーナビを頼りに、ここらへんかな、

の辺りで車をパーキングに入れて歩く。

 

でも、あれあれ~

なんか普通の商店街しかないじゃん!あせる

 

ところが、「札の辻」交差点を過ぎたら

突如として小江戸の街並みが出現!

 

特に「時の鐘」周辺は着物姿の観光客や

人力車の雰囲気が、とってもいい感じ

 

「時の鐘」は

川越市指定有形文化財の鐘楼(時計台)

 

菓匠右門 で話題の「いも恋」を味見

(なんか視察じゃなくて観光じゃん! 手)

 

通りに何気なく置いてあるガチャも

なんかいい感じを出してるわ。

 

でも、意外に街並みの中に

明治・大正の建物が混在してるんだな。

これって栃木の蔵の街に似てるわね。

「銀巴里」なんて同じ名の床屋があったり。

 

「小江戸」は

江戸を感じさせる町の意味合いで、

 

武蔵国 川越 - 埼玉県川越市
下野国 栃木 - 栃木県栃木市
下総国 佐原 - 千葉県香取市

 

3市共同で小江戸サミットを実施して

各市の祭りの山車を参加させたり

観光宣伝を行っているらしい。

 

 

そもそも、

今まで川越に行かなかったのは

栃木と一緒でしょ、って思ってたから。

どちらかというと栃木贔屓だったし。

 

でも、ちゃんと評価すると

観光地としての川越はすばらしいね。

マイナス要因もプラスに変えてるし。

 

例えば、

通りの道幅は狭いんだけど

それが逆に賑わいを演出してるし

昔の江戸のイメージを彷彿させてる。

また、

小江戸の街並みは小さいエリアだけど

そこにコンテンツを集中することで

味わいが濃厚になっている、とか。

 

 

栃木も、さらなる工夫が必要だね。

いもフライ&じゃがいも入り焼そば

あとは餃子と佐野ラーメンを集中。

それでいけると思うけどなぁ。

(偉そうに。何様だっつうの! 手)

 

 

チャオチャオパー

---------------------------

「いじ散歩」への応援

(ポチッと投票)お願いします

ポチっとな           ポチっとな

  

 にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・散策へ 
(ページが移っても戻ってきてね)

(それぞれ1日1回まで投票が有効)

---------------------------

いーちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ