母の過去 712 | 不思議なトントン日記

不思議なトントン日記

感動あり泣き笑いのブログにし皆さんが楽しみにしてもらえる事を目指します。
1話完結ではありません。根気よく読んでいただければ嬉しく思います。
時間のある方は初めから読んでいただければ、笑っていただけると思います。

712
 
 
コンペは考えていたより数倍は簡単だと気が付いた母は
大事なのは組み合わせだと思い
コンペに参加していただくお客様の所を訪問しようと
思うのですが、
訪問の順番をどうづるか迷うのです。
データー帳にはゴルフをされるとは書いていますが
ゴルフが大好きな人とは書いていないから
あまり好きでもない人でもゴルフをされると書いているのです。
これではいつまで悩んでも訪問の順番が決められません!
ゴルフコンペは人数が限られています。
居酒屋の女主人と同じで20人のコンペですから
なるべくゴルフ好きな人達に参加していただくのが良いとは思うのです。
コンペをすると聞き先方から母に参加すると
言われている人達もおられるのです、
その方達を人数から引くと
残りの人数は15人程度になってしまいます。
もしゴルフがあまり好きでもないのに
母が訪問して付き合いだと思い
参加して下さるのはありがたいのですが、
そんな人達ばかりだとコンペは成功しても
後が困ります。
ゴルフが大好きな人がどうして私を誘ってくれなかったと
思われると仕事の成績を安定させるための作戦が
仕事の成績を不安定にしかねません!
そんな事がないようになんとかゴルフが
大好きな人から訪問してコンペの話をしたいのです。
その為のデーター帳なのですが、
今回は何の役にも立たないのです。
母は考えても解らないから
気を使わない胃潰瘍で入院されていた社長や
始めて打ちっぱなしに連れて行ってもらった社長の所に行き
ゴルフ好きの人の事を聞くしか方法はないと思ったのです。
それにゴルフコンペには参加していただく予定ですから
訪問するのが早いか遅いかだけの違いなのです。
考えがまとまらない時は動くにかぎるです。
電話をして胃潰瘍で入院されていた社長の所に行く事にしたのです。

 

   ↓         ↓

にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ