母の過去 442 | 不思議なトントン日記

不思議なトントン日記

感動あり泣き笑いのブログにし皆さんが楽しみにしてもらえる事を目指します。
1話完結ではありません。根気よく読んでいただければ嬉しく思います。
時間のある方は初めから読んでいただければ、笑っていただけると思います。

442
 
胃潰瘍で入院されていた社長にM銀行から
営業所にもどり急いで電話をしたのですが、
社長は外に出られた後だったから
電話をどうして掛けていただいたのか?
その理由が解りません!
それを気にしているようでは奈良県全体のセールスレディー約800人の
10位以内をキープする事ができなくなります。
母は気持ちを切り替えて営業に行くのですが、
車を運転していても重い空気も気になりますが、
今は重い空気より急に支店長が保険に加入していただいた
事が気になります。
支店長はM銀行と母の取引は自分が一番なのに
他の支店長が保険に加入していて
自分が加入してないのはおかしいからと
言われましたが、
それは本当の事ではないのは、能天気な母にも解ります。
どうも母とM銀行で何かあるような気がしてならないのです。
悪い事なら保険に加入していただけないのが普通です。
保険に加入して下さったのだから、悪い事ではなさそうです。
お客様の所に車を走らせていたのですが、
こんなモヤモヤ気分の時は居酒屋の女主人と話をするのが
一番だと思い行き先を居酒屋に変更したのです。
こんな時でも携帯電話があれば居酒屋に電話をしてから行くのですが、
この時代は留守か?
確認する為にわざわざ公衆電話を探さなければいけないから
面倒をさけて連絡を取らないで
居酒屋に向かったのです。
今の時間は2階で休憩をしてると自分勝手に思い込み
もしいなければ近くのお客様の所に顔を出そうと
保険屋の母が違う意味の保険を考え
行き先を変更したのです。

 

   ↓         ↓

にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ